アクションアドベンチャー『Baldo』PC/コンソール向けに発売へ。『ゼルダ』なシステムに「ジブリ」な雰囲気をプラス

イタリアのメッシーナに拠点を構えるNAPS teamは5月21日、同スタジオが開発中の『Baldo』の最新映像を、IGNを通じて公開し、PC/PlayStation 4/Xbox One/Nintendo Switch向けに発売すると改めて発表した。

『Baldo』は、『ゼルダの伝説』からインスピレーションを受けたアクションアドベンチャーゲームとされており、ややキャラクターに寄ったクォータービューでゲームプレイが展開されていく。公開された映像では、人々と触れ合うカットシーンのほか、ダンジョンを探索し敵の攻撃を避けるシーン、仕掛けを解くシーンなどが確認できる。洞窟や砂漠、雪山や森といった多様なロケーションも用意されているようだ。仕掛けも、単なるスイッチを押すようなものだけでなく、物を落としたり、鏡の謎を解いたりといった多様なからくりが体験できそうだ。

戦闘も存在するものの、探索と謎解きにフォーカスが当てられており、『ゼルダの伝説』の影響を確かに感じさせる作品である。一方で、セルシェーディングのグラフィックは、スタジオジブリや同スタジオが監修するゲーム『二ノ国』を彷彿とさせる。キャラクターだけでなく、モンスターもある程度デフォルメデザインされており、ファンタジーでありながらポップな雰囲気に仕上げられているだろう。また本作はもともと2D作品として開発されていたようで、10年越しのチャレンジであるとも開発元は意気込んでいる。

開発を手がけるNAPS teamは、歴史と実績あるスタジオである。1993年に設立され、のちにさまざまなハードに移植された『GEKIDO』シリーズを筆頭に、多様なゲームをコンシューマー/モバイル向けに作り続けてきた。『Baldo』については2017年3月に発表され、SNSなどでスクリーンショットが公開されてきたものの、まだ情報は多く公開されていない。Twitterの投稿では#PSN販売というタグもついていることから、日本向けの販売予定もあるのかもしれない。開発は順調に進んでいるとのことで、今後徐々に情報公開が進められていくだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog