『ファイナルファンタジーVII』Nintendo Switch/Xbox One版、アップデートによりBGMの不具合がついに修正される

スクウェア・エニックスは5月17日、Nintendo Switch/Xbox One版『ファイナルファンタジーVII』における1.01アップデートを実施した。同アップデートでは、発売より改善が切望されてきたBGMに関する不具合がついに修正された。

Nintendo Switch/Xbox One版『ファイナルファンタジーVII』は3月26日より配信開始されたリマスター作品。1997年にPlayStationで発売された『ファイナルファンタジーVII』が任天堂・マイクロソフトハードで遊べるようになる。同作は、2013年に発売されたPCリマスター版がベースとなっており、インターナショナル版の内容を含むほか、ワンボタンでゲームスピードが3倍速になったり、エンカウントなしに設定できたり、バトルを有利に進められるバトル強化機能モードが搭載されている。現代にあわせて、遊びやすくなるオプションが用意されているわけだ。

そうした機能の搭載により、PC/スマホ/PS4版と同様に快適に傑作を遊べるようになったが、一方でPC版がベースであるということで、PC版特有の不具合もまた引き継がれていた。その不具合はというと、フィールドの探索中に戦闘に突入した場合、戦闘終了後にフィールドBGMが最初から始まってしまうというもの。オリジナル版は、戦闘が終わってもフィールドのBGMは、戦闘に入る前の続きから流れるようになっていた。つまり、戦闘をするたびにフィールドの音楽を始めから聞かなければいけない仕様である。

細かい問題であるが、植松伸夫氏が作曲した美しくも不気味なBGMはゲームを支える大きな魅力。原作とは異なる仕様であるという点を嫌うプレイヤーも多く、PC版のリリース時から根強く修正を求める声がSNSなどに届けられていた。PC版についてはユーザーModなどを適用させ遊ぶプレイヤーも多かったが、コンソールなどではそのようにもいかないだろう。

そして最終的にNintendo Switch/Xbox One版については、発売から1か月半の時を経てこのBGMの不具合は修正された。またあわせて、ゲームプレイとカットシーンの移行の切れ目に黒画面のフレームがちらつく現象が修正され、回想シーンにおけるBGMがより適切なものへと置き換えられたという。こうした不具合を懸念していたユーザーは、心置きなく『ファイナルファンタジーVII』の原点を楽しめるようになるだろう。

ちなみに、このBGMループの不具合が修正されたのはNintendo Switch/Xbox One版のふたつのようで、他機種には適用されていないようだ。また同様の不具合が、『ファイナルファンタジーIX』のリマスター版で発生することも確認されており、こちらもたびたび指摘されている。懸念されていた問題が改善され始めたことにより、他機種および他作品についての同様の現象も、今後修正が求められそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog