Nintendo Switch Online加入者向け新サービス「ニンテンドーカタログチケット」発表、任天堂タイトルを2本購入して税込9980円

任天堂は本日5月16日、新サービス「ニンテンドーカタログチケット」を発表した。同サービスは、Nintendo Switch Online加入者向け新特典となっている。Nintendo Switch Online加入ユーザーであれば、任天堂から発売されているダウンロードタイトルを、定価よりも安く購入できるというもの。

「ニンテンドーカタログチケット」では、任天堂から発売されているNintendo Switchソフトのダウンロード版2本が税込9980円で手に入る。たとえばダウンロード版の定価7358円の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と、7776円の『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』を2本購入しても、税込9980円で収まる。『ゼノブレイド2』や『スプラトゥーン2』といった組み合わせも、もちろん可能。このサービスのタイトルは、既存のタイトルだけでなく今後発売されるゲームも含まれるという。なお、税込4990円以下のタイトルは含まれないそうだ。対象タイトルは、該当ページから確認可能。

有効期間は、購入してから1年間。2本の入手権利があるが、1本ずつ別々に入手できるそうだ。購入回数に制限はなく(同時に保有できるチケットは8枚まで)、さらにこのチケットを購入すれば、マイニンテンドーゴールドポイント499ポイントもたまる。Nintendo Switchではニンテンドーeショップから、PC・スマートフォンではマイニンテンドーストアから利用可能。Nintendo Switch Onlineの7日間無料体験加入者は利用できないようなので注意。

任天堂の古川俊太郎社長は、かねてからNintendo Switch Online向けのサービスの充実させる意向を示していた。2019年3月期決算説明の質疑応答でも、2月に配信開始した『TETRIS 99』の重要性を説きつつ、今後も独自の価値をもったサービスを提供するとしていた(リンク先はPDF)。そのなかのひとつが、今回発表された「ニンテンドーカタログチケット」になるのだろう。
【UPDATE 2019/5/16 8:10】
さらなる情報を追記

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog