IGA氏が手がける『Bloodstained: Ritual of the Night』6月に発売決定。ファンの声を受け大幅改善させたビジュアルを披露

パブリッシャーの505 Gamesは5月2日、『Bloodstained: Ritual of the Night』のPC(Steam/GOG)および海外PlayStation 4/Xbox One版を6月18日に、海外Nintendo Switch版は6月25日に発売すると発表した。各コンソール版の国内発売日は不明だが、おそらくこれらと同日か近い日程となるだろう。

『Bloodstained: Ritual of the Night』は、元コナミで『悪魔城ドラキュラ』シリーズのプロデューサーを務めたIGAこと五十嵐孝司氏が手がけるゴシック調のアクションRPGだ。Kickstarterキャンペーンにて大きな成功を収めたのち、五十嵐氏率いるArtPlayがDICO株式会社と、アメリカのインディースタジオWayForwardと共に開発中だ。

本作は2.5Dグラフィックを採用するメトロイドヴァニアゲームで、主人公のミリアムは、アルケミストの呪いにより体が徐々に結晶化していくなか、自分自身と全人類を救うために、悪魔がはびこる城を舞台に戦う。倒した敵がドロップする魔力のこもった素材アイテムをクリスタル状に錬成し、それぞれの敵特有の攻撃魔法を習得できるシステムが特徴だ。プレイアブルキャラクターはミリアム以外にも2人登場予定で、見た目のカスタマイズにも対応する。

今回公開されたトレイラーでは、発売日を発表すると同時に、本作の開発過程にてグラフィックがどのように改善されたかを比較して示している。Kickstarterの出資者向けにおこなわれたベータテストからのフィードバックでは、ゲームプレイそのものについては良い反応を得られたものの、キャラクターのアニメーションやテクスチャ、背景、ライティングなどビジュアル面について作り込みが足りないと不満を漏らす声が多くあり、トレイラーでもそうしたコメントを紹介。五十嵐孝司氏も「納得いかない!」と述べており、満足していなかったようだ。

新旧のグラフィックを比較してみると、ライティングの変更により立体感が高まり、また全体的に色味が鮮やかになった。テクスチャや背景はディテールが増し、キャラクターのアクションもより生き生きとして見える。なお、このトレイラーで使用されている音楽は初公開のものだそうだ。本作の楽曲は、『悪魔城ドラキュラ』シリーズでも知られる山根ミチル氏が担当している。

『Bloodstained: Ritual of the Night』は、当初は2017年発売予定だったが、延期を繰り返し現在に至る。ただ、こうした完成度の向上を目の当たりにすると待った甲斐があるというものだろう。あとは国内発売日の正式発表を待ちたい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog