『ディビジョン2』5月のレイドアップデートに向けたテスト情報更新。ドロップ品の装備スコア500確定や、低スキルパワー向けModの導入も予定

ディビジョン2』では現在、5月に配信されるアップデート3に向けた公開テストが、PC版のテストサーバー上で実施されている。テストは複数の段階に分けられ、それぞれ異なる機能や要素を重点的にチェックしていく流れとなっている。アップデート3はレイドミッション「オペレーション・ダークアワーズ」や、イヤー1パス所有者向けのクラシファイド任務を導入する大型アップデート。タレントの大幅なバランス調整や、装備標準化の仕様変更、エキゾチック武器の強化なども予定されている(関連記事)。

 

ドロップ品の装備スコア500確定

そして4月24日の開発者ストリーム「State of the Game」にて、アップデート3に向けた公開テストのフェーズ2の内容が告知された。新たなテスト項目としては、まずエンドゲーム到達後の装備スコアの仕様変更が挙げられている。現状はプレイヤーの装備スコアよりも低いスコアの装備品がドロップすることがあるが、アップデート3に向けて、プレイヤーの平均装備スコアもしくはそれ以上の装備品がドロップするよう変更される。装備スコア500が上限の現在の仕様でいえば、上限到達後のドロップ品は装備スコア500で確定する。上級(紫)装備は上限が490であるため、ドロップ品は490となる。

今エンドゲームを遊んでいるプレイヤーの中には、「せっかくいい特性やタレントの組み合わせなのに、装備スコアは490」とモヤっとした経験がある方もいるだろう。アップデート3では、上記の変更によりそのもどかしさが解消される。また、装備スコア500に到達するまでのスコア上昇速度を調整するということで、テストサーバー上ではその調整具合が確認される。

 

再調整の仕様変更

装備品の再調整では、転送できる特性の数値に制限が設けられている。たとえば再調整の材料として使った装備品の特性がアサルトライフルダメージ+10%だとしても、転送後の装備品に「最大+6%まで」という上限が設定されていた場合、+10%ではなく+6%のアサルトライフルダメージボーナスが付与される。

今後の公開テストでは「再調整スコア」という項目が新たに設けられ、そのスコア上限に達しない限り、材料として使った装備品の特性が低減することなく再調整できる。さきほど述べた例でいうと、+10%のアサルトライフルダメージボーナスを、+10%のまま転送できるケースが増えると見込まれている。「再調整スコア」の具体的な仕組みは説明されておらず、実際に触れて確認する必要がありそうだ。なお装備スコアではなく再調整スコアが変動するようになるため、再調整後の装備品が装備スコア500を超えることはなくなる。

 

紫・青色Modのクラフト

紫・青色Modがクラフト可能となる。本作では高品質のModほど優れているというのが原則であるが、現状は青色Modの方が最上級Modよりも数値が高い場合がある。ゆえに低レベルキャラクターを使って青色Modを収集する手法がプレイヤー間で広まっている。最上級Modは特性3つ、上級(紫)Modは特性2つ、青色Modは特性1つ。いろんな特性がつくという点で最上級Modは優れているが、特性ひとつあたりの上限値は、紫・青色Modよりも低めとなっているのだ。一点集中型のModが欲しいプレイヤーもいるということで、今後は低レベル帯でファーミングせず、クラフトできるようになる。

そのほか、設計図が報酬となるウィークリープロジェクトの数が1個から3個に増え、クラフト素材を寄付することで設計図をもらえるデイリープロジェクトが追加されると告知。細かい部分では、残弾薬数が少ないと敵が弾薬をドロップする確率が上昇すること、グレー色クラフト素材の所有上限が400から600に上昇することが予定されている。

またテスト項目以外にも、時期未定ながら開発陣が計画している変更内容について触れられた。まずイナヤ・アルカリクが設計図ベンダーに昇格する予定だという。クラフトステーションのスタッフであるイナヤから設計図を購入できるようになる。ウィークリーベンダー含め、ほかのベンダーが販売している設計図はいずれイナヤが販売するとのことだ。

続いてスキルModについても触れられている。現状は高スコア帯のスキルModをつけるには高スキルパワーが必要となり、低スキルパワーのビルドではほとんどスキルModを使えない。そこで低スキルパワー向けの「AUX Battery」Modが導入されるという。これはタレットやドローンといった特定スキル限定でスキルパワーを上昇させるスキルModだ。Modスロットをひとつ埋めてしまうが、残りのスロットで高スキルパワー向けのModをつけられるようになる。実装時期は明かされていない。

最後に、アップデート3で予定されている装備スコア上限の上昇についても語られている。開発陣は当初、ダークゾーンでのみ装備スコア515の装備品がドロップすると発表。PvEプレイヤーから反発を食らった。そうした反応を受けてか、装備スコア515はダークゾーン以外からも入手できるようにすると説明している。具体的な入手経路については今後発信していくとのことだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog