『キングダム ハーツIII』の「クリティカルモード」明日24日に実装。これまでと少し趣向を変えたものに

スクウェア・エニックスの野村哲也氏は4月23日、公式Twitterにて『キングダム ハーツIII』の無料アップデートを日本時間4月24日に実施し、クリティカルモードを実装すると発表した。『キングダム ハーツIII』においては、上級者向けの難易度としてプラウドモードが用意されているが、それよりさらに上の難易度が実装されることになる。

クリティカルモードは、『キングダム ハーツ』シリーズのファイナルミックスにて搭載されるようになったやりこみコンテンツ。ただ単に敵が強くなるだけでなく、最初から特定のアビリティを所持していたり、与えるダメージが上昇していたり、パラメータや成長に制限が課されたりと、独自のバランス設定がなされていた。

『キングダム ハーツIII』のクリティカルモードにおいては、これまでと少し趣向を変えられているという。このクリティカルモードについては、Coディレクターである安江泰氏が3月のGDCなどの場にて海外メディアにヒントを出している。同モードがテクニカルかつ攻撃的なものであり、アクションゲームやタイミング攻撃が得意な人向けのモードになること。そして、ゲームの遊び方そのものに大きな影響を与えるものになるだろうと示唆していた(Game Informer)。最新作で登場する、少し趣向が変えられるというクリティカルモードは、どのようにプレイヤーを苦しませ、楽しませるのだろうか。

なお『キングダム ハーツIII』においては、ゲーム内ワールドのひとつ、「アナと雪の女王」の世界を舞台にした「アレンデール」に登場するキャラクター「オラフ」の日本語版吹替声優が、麻薬取締法違反容疑で逮捕されたピエール瀧容疑者から交代されることが発表されていた(関連記事)。この声優交代は、アップデートにて対応されると告知されていたが、明日の無料アップデートではこうした変更があるかについても、注目されるかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog