「メガドライブミニ」収録タイトル第2弾発表。『武者アレスタ』や『魂斗羅 ザ・ハードコア』など、さらなる10タイトルが判明

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

セガゲームスは4月18日、「メガドライブミニ」の収録タイトルの第2弾発表をおこなった。メガドライブミニには全40本のゲームが収録予定で、第1弾としてそのうちの10タイトルが今年3月に発表。今回ファミ通チャンネルの生放送に、セガゲームスの宮崎浩幸氏と奥成洋輔氏が出演し、さらに10タイトルが明かされた。具体的なタイトルは以下のとおり。

・サンダーフォースIII
・スーパーファンタジーゾーン
・武者アレスタ
・アイラブ ミッキー&ドナルド ふしぎなマジックボックス
・ベア・ナックルII 死闘への鎮魂歌
・ハイブリッド・フロント
・ランドストーカー 〜皇帝の財宝〜
・魂斗羅 ザ・ハードコア
・ダイナブラザーズ2
・ゲームのかんづめ お徳用

スポンサーリンク

そして以下が、前回発表された10タイトルである。これでメガドライブミニの収録タイトルの半分が明らかになった形だ。

・ソニック・ザ・ヘッジホッグ2
・ぷよぷよ通
・シャイニング・フォース ~神々の遺産~
・ガンスターヒーローズ
・コミックスゾーン
・スペースハリアー II
・VAMPIRE KILLER(バンパイアキラー)
・魔導物語Ⅰ
・レッスルボール
・レンタヒーロー

生放送では、収録タイトルの第1弾発表時にはバラエティ感を出す狙いがあったとし、今回の第2弾ではメガドライブならではというシューティングジャンルを中心に発表したとのコメントが宮崎浩幸氏からあった。そのほかのジャンルでは、『アイラブ ミッキー&ドナルド ふしぎなマジックボックス』は初移植、『魂斗羅 ザ・ハードコア』は高難易度の海外バージョンも収録するとのこと。

スポンサーリンク

また『ダイナブラザーズ2』には、ケーブルテレビ配信サービス「セガチャンネル」を通じて配信された『ダイナブラザーズ2 スペシャル』での追加要素も収録するという。『フリッキー』や『どきどきペンギンランド』など12タイトルを収録するゲーム集『ゲームのかんづめ お徳用』もセガチャンネルで配信されたものだ。

そのほか、メガドライブミニはオリジナルのメガドライブを手がけたスタッフにより精巧に再現しているものの、オリジナル当時はロットによってプリントされた文字のフォントなどに細かい違いが存在したそうで、結果的にメガドライブミニとも違いが見られる場合もあるという裏話が明かされた。

メガドライブミニは、セガが1988年に発売した家庭用ゲーム機メガドライブの本体を約55パーセントに縮小したサイズで精巧に再現したゲーム機だ。一方、コントロールパッドはオリジナルと同じサイズとなり、前面6ボタンのファイティングパッド6Bが同梱される。収録タイトルの移植開発は、SEGA AGESシリーズなどでおなじみの有限会社M2が担当。中断セーブ機能が新たに追加されるという。また、ゲーム選択メニューのBGMは、『ベア・ナックル』シリーズなどで知られる古代祐三氏が手がけている。

メガドライブミニは9月19日に発売予定。コントロールパッドを1つ同梱する「メガドライブミニ」が6980円、2個同梱する「メガドライブミニ W」が8980円で予約受付中だ。なお、収録タイトルの第3弾発表は、5月16日におこなう予定とのことである。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog