任天堂のLINE公式キャラ「キノピオくん」の奇行に熱視線。股間を踏まれ声を漏らす公式映像は、海外でも話題に

任天堂LINE公式アカウント「キノピオくん」の奇妙な言動が、今グローバルに話題となっている。任天堂はLINE公式アカウントを用意しており、友だち登録をすれば任天堂製品の新情報などが受け取れる。このアカウントでは、単にゲームの情報を伝えられるだけでなく、案内役であるキノピオくんというキャラクターを介して、アレンジして伝えられる。4月12日にも、同日に発売された「Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit」について、キノピオくんがいくつか専用の動画で商品内容を紹介しているのだが、これがかなり奇妙なものになっており、国内外で話題を呼んでいる。

任天堂公式ホームページより

特に注目を集めているのが、「Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit」の風Toy-Conの紹介動画。同Toy-Conは、足元に置いて遊ぶ形となる。対応ゲームの「ノリノリジャンプ」では、おもちゃの熊が発射するボールを、Toy-Conを踏んでジャンプして避ける。ようするに、足元に置いて踏む遊びを提供するToy-Conだ。アイデア自体はそうおかしくないのだが、キノピオくんの動画では、なぜか踏まれるToy-Conが、キノピオくんのデザインになっている。黒い服を着た人物が、キノピオくんの股間に足を置き踏むというかなり奇妙な絵面。踏むスピードは加速していき、それにあわせてキノピオくんも「アッ」という声を重ね、最後キノピオくんは筋肉をつけてポージングをし、キノピオくんの声が反響しながら動画は終わる。Nintendo Lifeが同動画を投稿しているので、そちらを見るのが早いだろう。

キノピオくんが踏まれているという構図だけでなく、踏まれるほどキノピオくんが声を出していき、最後にはなぜか筋骨隆々となる。一連の行動は腹筋で、腹筋をしたがゆえに筋肉がついたという解釈が有力である。ただし、人によっては謎だらけの狂気じみているように見えるこの映像は、国内でも話題となったほか、たちまち海外にも伝わった。この動画はさまざまな角度から反応されており、たとえばキノピオくんが足フェチもしくはマゾヒストである可能性が探られたり、一連の動画に隠された性的なメタファーが議論されたり、つっこむgifアニメが寄せられたり。KotakuPolygonなど海外メディアもその反応を紹介している。あまりにぶっとんだ映像であるがゆえに、ユーザーたちは興味津々ながらやや困惑を見せている印象だ。
【UPDATE 2019/4/13 12:00】
腹筋をしているという解釈について追記。

実はキノピオくんの奇行は今に始まったことではない。「Nintendo Labo」のプロモーションでもダンボールで作られたキノピオくんが、Toy-Con ガレージの振動を受けて倒れたりなどシュールな映像が投稿されていたほか、今回の「Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit」の販促映像においても、鳥Toy-Conの動画はJoy-Con部分に股間を隠されたキノピオくんのダンボールが貼り付けられ、振り回されたのちに落とされるという奇妙な映像が投稿されている。Toy-ConガレージVRの映像に至っては、ゲーム内でキノピオくんらしき3Dキャラクターが作られ、最後には上下に揺さぶられたのちに爆散するという奇天烈っぷり。

任天堂公式LINEの映像をキャプチャしたもの
任天堂公式LINEの映像をキャプチャしたもの

キノピオくんのクセの強いアプローチは映像だけでなく、新作が発売された際には、そのたびに該当ゲームの画面やパッケージのアセットに自身が入り込んだりと、不思議な方向から販促を進めてくる。そのほか、4月4日には「今から帰る ごはんいる」と“実家住まい(もしくは家庭持ち)社会人を狙い撃ち”したメッセージを唐突におくり、その「あるある」が共感を呼んだのか、国内SNSでも話題を呼んだ。チャットにおいても多くのネタが仕込まれており、コミカルな反応から豆知識まで幅広い反応が確認できる(ASCII)。もともと珍妙なキャラクターとして運用されていたが、風Toy-Conの動画はその中でも突き抜けたインパクトがあり、あらためてその奇行が認識された形だ。

近年では企業公式Twitterが、奔放な言動を見せることにより、一部ユーザーから親近感を得るというケースが多くなってきている。LINE公式アカウントであるキノピオくんは、任天堂ブランドを若年層に親近感をもたらせるための戦略のひとつであると考えられる。公式Twitterなどオープンな場ではフォーマルな対応を見せつつ、LINE公式という閉じた場ではキノピオくんというキャラを用いて破天荒な販促をおこなう。こうした使い分けもまた、任天堂流のプロモーションのひとつといえるかもしれない。キノピオくんの奇行をその目で確認したい方は、同LINEアカウントを友だち登録するといいだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog