クラシックゲーム専門クラウドプラットフォーム「Antstream」発表。PC/Xbox One/モバイルで、1970〜90年代の名作を手軽にプレイ

イギリスに拠点を置くテクノロジー企業Antstreamは4月9日、開発するクラウドゲームプラットフォーム「Antstream」のためのクラウドファンディングキャンペーンをKickstarterにて開始した。Antstreamでは、クラシックゲームを専門的に扱うことを特徴とする。

スポンサーリンク

Antstreamは、サーバー上で実行したゲームの映像をプレイヤーのデバイスに送信し、プレイヤー側からは操作情報をサーバーに送信して、ゲームをダウンロードすることなくストリーミングプレイできるプラットフォームだ。対応デバイスはPC/Mac/Xbox One/Androidとなっており、Appleの承認が得られればiOSも加えるという。そして、取り扱うゲームは厳選したクラシックゲームのみとのことで、メガドライブ、Amiga、Commodore 64、ZX Spectrumといった、1970〜90年代にリリースされたハード、またアーケード向けの作品を予定している。

すでに2000タイトル以上についてライセンス契約を結んでいるそうで、SNK・データイースト・ジャレコ・テクノス/アークシステムワークス・Codemasters・Gremlin Interactive・Llamasoft・System 3 Software、ほか多数のメーカーから当時リリースされた名作の数々がリストアップされている。たとえばSNKの『龍虎の拳』『怒』、データイーストの『ファイターズヒストリー』『Joe & Mac』、テクノスの『ダブルドラゴン』『出世大相撲』、Codemastersの『Dizzy』シリーズなど。タイトルによっては、プラットフォームごとのバージョン違いも収録する。詳しくは公式サイトのゲームリストを確認してほしい。

Antstreamでは、こうしたクラシックゲームをストリーミングで当時のままプレイできるだけではなく、新たにチャレンジ機能が追加される。さまざまな攻略法に挑戦してメダルを集めたり、スコアアタックやスピードラン、ボスラッシュなどのチャレンジにてフレンドと競ったりといったことが可能。ローンチ時には100種類以上のチャレンジが用意され、毎週追加していくという。クラシックゲームをプレイできる環境はさまざまあるが、こうした機能は差別化のひとつになりそうだ。ちなみに、いずれのタイトルもタッチスクリーンやキーボードでプレイ可能になるが、ゲームパッドを推奨するとしている。

ローンチ時点ではまず400タイトルがプレイ可能になり、毎週新たなタイトルを追加していくとのこと。その追加作業においては、ライセンス契約が完了したタイトルの中で、優先的に追加してほしいものをプレイヤーコミュニティに投票してもらい、得票数の多い順に追加していく計画となっている。対応タイトルは前述した2000タイトルで終わりではなく、こちらも定期的に契約を結び追加していくという。そのため、希望のタイトルがある場合は要望を寄せてほしいとしている。

公式サイトに掲載された、AntstreamのUIのイメージ

Antstreamのスタッフには、TT Gamesの設立者Jon Burton氏や、Sega Europeの元CEO Miyake Kazutoshi氏などがおり、またチェアマンには業界のベテランIan Livingstone氏が就くなど、Antstreamはかなり本格的なプロジェクトのようだ。クラウドゲーミングというと、どちらかというと最先端のリッチなコンテンツを、高価なハードウェアや大量のダウンロードなしですぐにプレイできることが利点とされることが多いなか、クラシックゲームを気軽に遊べるようにするというAntstreamの狙いはユニークだ。

Antstreamは、月額10ドルのサブスクリプションサービスとして提供される予定で、2019年後半にまず北米とヨーロッパにてベータテストを開始する。また、5月末には早期アクセスを実施予定で、今回のKickstarterキャンペーンにて40英ポンド(約5800円)以上を出資すると参加可能。同時に1年間の利用権も得られる(期間は出資プランによって異なる)。Kickstarterで得た資金は、追加タイトルのライセンス契約に使用するそうで、仮にキャンペーンが失敗に終わってもAntstreamは計画通りローンチするとのことである。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog