協力プレイも楽しいベルトスクロールACT『Castle Crashers』リマスターNintendo Switch/PS4版発表。日本でも今夏発売予定

アメリカのインディースタジオThe Behemothは3月20日、『Castle Crashers Remastered』のNintendo Switch/PlayStation 4版を発表した。今年の夏に発売する。また、弊誌がThe Behemothに確認したところ、本作は日本でも発売予定とのことだ。ゲーム内は日本語表示に対応している。

*Xbox One版のトレイラー

本作は、人気ベルトスクロール・アクションゲーム『Castle Crashers』のリマスター版で、海外Xbox One向けには2015年に発売。また、Steamのオリジナル版にも同等のアップデートが同時期におこなわれた。今回のさらなる移植は、ファンからの要望と、数々のインディーゲーム移植を手がけるPlayEveryWareの協力によって実現したという。

本作ではプレイヤーは騎士となり、お城からさらわれたプリンセスを助けるため冒険をする。凍てつくツンドラ地帯や灼熱の溶岩原などさまざまな環境を進み、剣や弓矢、あるいは魔法も駆使しながら敵やボスと戦うのだ。ソロでもプレイ可能だが、最大4人でのローカル・オンライン協力プレイは本作の大きな魅力のひとつ。初期キャラクターは色違いの4人の騎士で、一定の条件を満たすことで敵キャラクターを含め25人以上が使用可能になる。また武器は40種類以上登場する。キャラクターは、バトルを通じて得た経験値によりレベルアップし、ポイントを各ステータスに割り振って強化していくことが可能だ。

リマスター版では、特徴的な手描きイラストのテクスチャ解像度をオリジナル版の5倍に引き上げ、フレームレートは倍の60fpsを実現。もともとDLCだったキャラクターや武器、キャラクターに特定の効果を付加するアニマルオーブをすべて最初から収録し、またミニゲームの追加もおこなっている。

Nintendo Switch版では、Joy-Conをおすそわけしてのローカル協力プレイに対応。もちろんHD振動もサポートする。PS4版では、DUALSHOCK 4のライトバーが、それぞれのプレイする騎士のテーマカラーに合わせて光るという。そのほか、パフォーマンスの最適化も施されるとのこと。

オリジナル版である『Castle Crashers』がXbox 360向けに発売されてから今年で11年目になり、これまでの売り上げは、発売した全プラットフォーム合わせて2000万本に達するという。ゲームスタイルとしてはオーソドックスなベルトスクロールアクションながら充実した内容となっており、また開発元The Behemothらしいかわいいキャラクターや、残酷であったり下品であったりといったクセのある表現も魅力で、Steamでのレビューにて「圧倒的に好評」となるなど高く評価された。

*10年以上にわたる『Castle Crashers』の歩みを振り返る最新トレイラー

ちなみに、今回の発表の中では『Castle Crashers』の続編の可能性についてもコメントしている。The Behemothはこれまで数年おきに新作をリリースしているが、今回のようなリマスターこそすれ続編を手がけたことはない。とはいえ、スタジオとして続編を作らない方針を取っているわけではなく、前作の焼き直しではない大幅な向上を成し遂げることができると確信できるタイミングがくれば、可能性はあるとのこと。一方で、異なる世界観やジャンルのゲームのアイデアは豊富にあり、そうした作品を世に送り出したい気持ちも強いという。同スタジオでは現在、新作『Game 5(コードネーム)』を開発中。『Castle Crashers』の続編があるとしても、まずはこの作品を完成させることが先決となりそうだ。新作の情報については、今年中には公開したいとしている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog