アニメなアクションADV『Dusk Diver 酉閃町』Steamにて3月26日に早期アクセスへ。Switch版発売は正式リリース時に

台湾のゲームスタジオJFI GAMESは、『Dusk Diver 酉閃町』をSteamにて3月26日より早期アクセス販売すると発表した。早期アクセス版の時点から日本語をフルサポートするという。購入者は限定キャラコスチュームが入手可能。なお同時に発表されていた対応プラットフォームのNintendo Switch版は、Steam版の正式リリースにあわせて発売されるとのこと。

スポンサーリンク

『Dusk Diver 酉閃町』は、台湾の西門町を舞台としたアクションアドベンチャーゲーム。Unreal Engine 4を使用してゲームが開発されている。ジャンル名は、「絆と連撃のACT」となっている。主人公となるのは、進路に迷う高校二年生ヤン・ユモ。面倒ごとは嫌いだが、やる時はとことんやるという性格の持ち主。ある日彼女が霊能力に目覚めたところから、物語は始まる。

彼女たちが住まう「西門町」は、若者に人気のある都市。日本で例えるならば、竹下通りのような雰囲気に近い。しかしそんな西門町の姿は、普通の人間が見ている表の顔。ゲーム内の西門町は、神が棲む場所「崑崙界」と魔物が生まれた場所「厄禍界」に近い場所。ある日、この人間界とふたつの異界を結ぶ次元の場所「酉閃町」が生まれてしまう。霊能力に目覚めたヤン・ユモは、人間の姿を持ちコンビニで働く豪胆な守り神(リーオウ)と共に、「西門町」と「酉閃町」を行き来し、世界を守るため尽力する。

本作ではユモを操作し、街を探索しながら時にバトルもする。ゲーム構造的には『龍が如く』や『AKIBA’S』シリーズに近いと表現すればわかりやすいかもしれない。バトルパートでは、弱攻撃や強攻撃、守り神の呼び出しなどを組み合わせて敵と戦う。技をつなげ続け敵を倒すというより、多くの攻撃で敵を蹴散らすタイプの戦闘になるだろう。街では、西門町の人気店が多く登場するそうだ。

本作では、日本の著名声優を起用している。主人公のユモ役は佐藤利奈さん、パートナーとなる守り神のリーオウは竹内良太さん。音楽好きのマイペースな青年バッヘは山中千尋さん、モデルを務めるちょっぴりセクシーなお姉さんリ・ヴェーダは種崎敦美さんが演じる。日本のゲームのような感覚で、台湾の街を歩くというやや不思議な感覚が味わえるだろう。

なお、ゲームはそれなりに出来上がっている状態であるが、フィードバックを得るために早期アクセス販売をするという。数か月をかけてコンテンツを追加し、ゲームを安定させていくとのこと。正式リリースはそうした準備ができてからになるだろう。なお現在Steamでは期間限定の体験版が配信中。ゲーム内容が気になる方は、そちらをまずプレイしてみるといいかもしれない。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog