『Nintendo Labo VR KIT』詳細情報公開。多彩でユニークなゲームが遊べて作れる、任天堂流VRデバイスの概要をチェック

任天堂は本日3月22日、『Nintendo Labo VR KIT』の詳細情報を公開した。『Nintendo Labo: VR Kit』は、4月12日発売予定のNintendo Switch向けVRキット。標準パッケージには、VRゴーグルと5種類のToy-Conが同梱されることは明かされていたが、今回新たに各ゲームの詳細情報が公開されている。

VRゴーグルは、購入したユーザーがダンボールを組み立て、Nintendo Switchを組み合わせて完成させる。このVRゴーグルに5種類(標準パッケージ)のToy-Conを装着(および組み合わせ)して遊ぶことになる。用意されているあそびは、大まかに分けると以下のようになるようだ。

・バズーカToy-Con
・風Toy-Con
・トリToy-Con
・ゾウToy-Con
・カメラToy-Con
(・VRひろば)
(・Toy-Con ガレージVR)

バズーカToy-Conは、VRゴーグルに装着するようだ。グリップを引いたりトリガーを引くことで敵をエイミングする遊びが楽しめる。ガンシューティング的な「バズーカ」と、Toy-Conひとつで遊べる(交互にプレイ)、カバの口をめがけて果物をいれ、自分のエリアにカバを集める対戦ゲーム「カバズーカ」を収録する。

バズーカToy-Con

風Toy-Conは、足元に置いて使う。対応するゲームは「ノリノリジャンプ」。おもちゃの熊が発射するボールを、Toy-Conを踏んでジャンプして避ける。ジャンプした際には風が顔に吹き、実際に飛んでいる感覚を味わえるそうだ。発射されたボールは横からではなく上からも落ちてくるようで、その際には上を向いてヘディングすることが求められる。

風Toy-Con

トリToy-Conは、VRゴーグルに装着して使用するようだ。Toy-Conを握り、鳥を羽ばたかせるようにして、ゲーム内の大空を飛んでいく。傾ければ旋回可能。りんごや魚を集めてヒナに食べさせ群れを増やすゲーム「トリ」や、チェックポイントを通過し素早くゴールを目指す「トリラリー」も用意。風Toy-Conと組み合わせることもできるという。

トリToy-Con

ゾウToy-Conは、VRゴーグルにつけるように遊ぶようだ。「らくがき」では象の鼻のように動かし、空間に絵を描いていく。この絵は立体的な構造になっており、描いた線は握って動かすことも可能。消しゴムや図形ツール、エフェクトペン、照明効果などさまざまなオプションが用意されているという。また、板を動かしてボールをゴールに導く空間パズル「つみきパズル」も用意されている。流れてくるボールを、Toy-Conを使い誘導することでゴールへと入れる。

ゾウToy-Con

カメラToy-ConもまたVRゴーグルにつけて使用するようだ。狙いを定めズームし、Joy-Conを押すことで撮影する。海の中の海洋生物を撮る「水中カメラ」や、家に住む変な生き物を撮影する「おうちカメラ」を収録。360度見回して対象物を見つけ、そこから撮影するというのが醍醐味になりそうだ。

カメラToy-Con

VRひろばでは、64種類のミニゲームが収録されている。Toy-Conを使うものからJoy-Conで遊ぶものなど、多彩なゲームが収録されているという。またToy-Con ガレージVRでは、VRゲームを自分自身で作ることができるそうだ。入力や出力の機能を使って簡単なプログラミングができるガレージは、これまでのNintendo Laboにも存在していたが、それをよりVRに寄せたものになっているだろう。サンプルとして、マグロが高速で走るレースや、月面探査機シミュレーター、寿司屋クエストなど幅広いゲームが紹介されている。VRひろばの遊べる64種類のサンプルゲームを改造することも可能だという。

紹介映像を見る限り、『Nintendo Labo VR KIT』では、さまざまなアイデアから産まれた多彩なゲームが遊べるようだ。VRゴーグルは装着するタイプではないので、デバイスを持つことで手が塞がり、VRを持って見ながら何かを操作するとなると、手への負担は高そうにも見える。しかしながら、 バズーカToy-ConやゾウToy-Conでは取っ手がついているなど、見ることと操作することの両立についても、それなりに配慮されている印象だ。遊べるゲームの種類は非常に多く、出し惜しみを全く感じさせないほか、作る自由度も高い印象を受ける。既存のVRゲームとは違うベクトルの、新しい遊びを提案してくれるだろう。

『Nintendo Labo VR KIT』は、4月12日に税別7980円で発売予定。またソフトとVRゴーグル、そしてバズーカToy-Conを同梱する「ちょびっと版」は、同日税別3980円で発売予定。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog