『ゼルダの伝説』の世界で、リズム・ダンジョン探索する『ケイデンス・オブ・ハイラル』Nintendo Switch向けに発表

カナダのインディースタジオBrace Yourself Gamesは3月21日、『Cadence of Hyrule – Crypt of the Necrodancer ft. The Legend of Zelda』をNintendo Switch向けに発表した。2019年春に発売する。なお、国内でもスパイク・チュンソフトから発売予定となっており、邦題は『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』とのことだ。

本作はそのタイトルのとおり、Brace Yourself Gamesの代表作であるローグライク・リズムアクションゲーム『クリプト・オブ・ネクロダンサー』と、任天堂の『ゼルダの伝説』がコラボレーションする作品だ。『クリプト・オブ・ネクロダンサー』は、BGMに合わせて時間が進行するユニークなダンジョン探索ゲーム。1ビートが1ターンとなっており、敵キャラクターもリズムに合わせてどんどん行動して襲ってくるため、自ずと素早く的確な判断が求められる。

『ケイデンス・オブ・ハイラル』では、『ゼルダの伝説』の舞台であるハイラルを救うため地上や洞窟を探索する。もちろん、その構造は自動生成にてプレイするたびにランダムで組み替えられる。そしてプレイアブルキャラクターには、オリジナル版のケイデンスに加え、リンクとゼルダ姫も登場。映像では、それぞれの特徴を活かしたバトルが垣間見える。また、BGMには『ゼルダの伝説』のサウンドトラックのリミックスが使用されるとのこと。『ゼルダの伝説』の関連作をインディースタジオが手がけるということは珍しく、続報には注目が集まる。

【UPDATE 2019/3/21 8:50】
Brace Yourself GamesのCEOであるRyan Clark氏はIGNのインタビューに答え、今回のコラボレーションがどのように実現したかを語っている。Clark氏によると、まずスタジオはDLCのような形で『ゼルダの伝説』のキャラクターを使えないか任天堂に尋ねたところ、任天堂は“DLC以上”のレベルでプロジェクトに興味を示したそうだ。もともと同氏もNintendo Switch向けにゲームを作りたいと考えており、お互いに関心が一致したことから新作を作ることに至った。本作については、『ネクロダンサー』としても『ゼルダの伝説』としても成り立つように心がけているともコメントしている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog