Nintendo Switch版『スーパーリアル麻雀PⅤ』が一時配信停止、表現を修正へ。“謎の白い光”から局部が溢れてしまっていたことが原因か

株式会社マイティークラフトは3月18日、Nintendo Switch向けに販売していた『スーパーリアル麻雀PⅤ』が、一時的に配信停止となったことを明らかにした。発表の中で同社は、任天堂から配信停止とする旨の連絡を受けたとしており、任天堂の判断でおこなわれたようだ。その理由としては、「一部表現の制限が不十分なシーンがあったため」としている。また、CERO(コンピュータエンターテインメントレーティング機構)からも同様の指摘があったことを認めている。

『スーパーリアル麻雀PⅤ』は、麻雀ゲーム『スーパーリアル麻雀』シリーズのひとつ。1994年にアーケード向けにリリースされ、翌年にはセガサターン向けに移植された。Nintendo Switch版はセガサターン版をベースに移植され、今年3月14日に発売されたばかりだったが、わずか4日で配信停止となってしまった。

本作はいわゆる脱衣麻雀ゲームであり、ヒロインの女の子たちと2人麻雀で対局し、プレイヤーが和了るたびに女の子は少しずつ衣服を脱いでいく。その様子はアニメーションのムービーで描かれ、最終的に女の子はあられもない姿となる。Nintendo Switch版にもこの演出は実装されているが、アーケード版やセガサターン版とは異なり、一部に修正が施されている。おそらく、その修正が“不十分”だったことで今回の配信停止となったようだ。

オリジナル版では、当時の脱衣麻雀ゲームらしく乳首も露出していたが、Nintendo Switch版では“謎の白い光”が射して局部を隠す形となっている。ただ、女の子の動きに合わせて光の線も動き、見えそうで見えない絶妙な修正がおこなわれていたのだが、一瞬だけ乳首が光からはみ出して見えてしまっていたのだ。アニメーションをコマ送りしてやっと気づくようなほんの一瞬だが、プレイヤーによる指摘が相次ぐこととなり、それが任天堂やCEROの耳にも入ったのだろう。

該当シーンのひとつ。局部は弊誌にて自主規制

本作は、CEROの審査にて「D(17才以上対象)」に区分されている。CEROでは、性表現としての下着の露出や裸体などをレーティング対象としており、これらを含む本作では、「セクシャル」表現が対象年齢決定の根拠となったことが明示されている。ただ、CEROは性表現として局部を描くことは禁止表現としており、表現度合いによっては「Z(18才以上のみ)」にも収まらずレーティングが与えられないこともあり得る。修正し隠されているはずの乳首が実際には露出していたとなると、設定された年齢区分の根拠が崩れる形になるため、CEROも本作の問題について指摘したのだろう。

発売されたゲームのコンテンツ内容とレーティングの齟齬によって販売が停止されるということは珍しいが、過去にいくつか例はある。たとえばガストが2011年に発売した『メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~』では、CEROの審査用に提出された映像に不備があり、再審査を受け「A(全年齢対象)」から「B(12才以上対象)」に変更した上で販売再開された。

また最近では、今年2月にNintendo Switch向けに無料配信されたRPG『DELTARUNE Chapter 1』が米国にて一時販売停止となった。こちらもレーティング(ESRB)の対象年齢を「E(全年齢対象)」から「T(13才以上対象)」に引き上げて販売再開されている。具体的な理由については明かされていないが、再審査結果から察するに、ゲーム内での言葉や暴力などの表現が、実際には全年齢向けには当てはまらない内容だったと判断されたようだ。

今回一時配信停止となったNintendo Switch版『スーパーリアル麻雀PⅤ』の今後についてであるが、販売元マイティークラフトは、現在全体のチェックと修正をおこなっており、任天堂による再審査の準備を進めているとのこと。このことから、CEROレーティングの再審査や変更は想定していないようだ。同社は、任天堂の審査が通り次第修正パッチをリリースし、販売再開については来週頃になる予定だとしている。ちなみに、同社はシリーズの続編である『スーパーリアル麻雀PⅥ』『スーパーリアル麻雀P7』のNintendo Switch向けリリースも今後計画している。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog