『スマブラSP』“すべてのファイター”のデザインの「非公式Proコントローラー」作成を目指すプロジェクト始動。写真集も作る

フリーのアーティストであるCptnAlex氏が、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』ファイターデザインのNintendo Switch向けProコントローラーを作るプロジェクトを始動した。Kickstarterにてプロジェクトを進めるための資金を募っており、7500ドルをゴールと設定していたが、3月18日13時時点ですでに約2万3000ドルを獲得している。

このプロジェクトでは、前述したとおり『スマブラSP』におけるファイターそれぞれのProコントローラー制作を目指す。赤を基調としたマリオデザイン、白と緑の斑をモチーフとしたヨッシーデザイン、ゴリラの身体をベースとしたドンキーコングデザインなどあり多彩。すでに18ものモックアップデザインが完成されており、全75ファイターのProコントローラーを作ろうとしているという。

 

 

コントローラーの性能については、モーションコントロールとHD振動、充電ケーブルに対応しているという(Amiiboには非対応)。厳密にはOEMのコントローラーではないものの、見た目や機能は極めて似ているとのこと。コントローラーに出資したバッカーは、30ドルを追加することでOEMコントローラーにアップグレードできるそうだ。

面白いのは、ただコントローラーを開発して出すのではなく、プロの写真家がこれらのProコントローラーを撮った写真集も発売するという。さらに、今後はProコントローラーを立てかけるスタンドも用意される予定があるそうだ。コレクター向けのオプションが充実しており、コントローラーのスペック説明がざっくりであることなども踏まえると、今回のプロジェクトにおけるProコントローラーは、プレイ用というより観賞用としてつくられていると考えられそうだ。

それぞれのファイターのデザインは非常にかわいらしく、特徴を捉えている。ただし、非公式とはいえ任天堂IPを用いて、他ユーザーに販売しているという点が気になる方もいるだろう。プロジェクトの中心人物であるCptnAlex氏は、困難だと思われるが、任天堂と協議しライセンス料を支払った上でユーザーのもとに届けたいとしている。

『スマブラSP』ファイターデザインのProコントローラーは、70ドル以上の出資で手に入る。アメリカ国外への発送には、15ドルの送料がかかるとのこと。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog