「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」3月分配信開始。今月の“こっそり配信枠”は『星のカービィ 夢の泉』『リンクの冒険』特別版

任天堂は3月13日、Nintendo Switch Online加入者向けの特典として提供しているファミコンゲーム集『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』の、3月の追加タイトルを配信開始した。

今月追加されたファミコンゲームは3タイトル。まずは、任天堂がディスクシステム用として1986年に発売した『光神話 パルテナの鏡』だ。縦スクロールと横スクロールを組み合わせたアクションゲームで、プレイヤーは主人公のピットを操作し、闇の女神メデューサを倒すことを目指す。ピットは、光の女神パルテナから与えられた弓矢を武器とし、道中では石像に変えられた仲間を助けながら三種の神器を集めたり、ショップでパワーアップを購入できる要素もある。

2本目は、同じく任天堂から1990年に発売された『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』。現在まで数多くの続編がリリースされている人気シミュレーションRPGシリーズの第1作目だ。プレイヤーは主人公マルスが率いる軍を指揮し、ユニットの兵種や武器の相性などを考えながら、ドルーア帝国と戦う。このシリーズでは、ユニットの各キャラクターに個性や成長要素を持たせ、また死亡したキャラクターは失ってしまうことが特徴となっている。ちなみに、Nintendo Switch向けには最新作『ファイアーエムブレム 風花雪月』が7月26日発売予定。

そして3本目は、コナミが1985年に発売したアクションゲーム『イー・アル・カンフー』だ。悪行を重ねるチャーハン一族を倒すため、主人公の李(リー)がメンマの塔に乗り込むという設定のもと、敵キャラクターと1対1で戦う対戦格闘ゲームとなっている。敵は棒術の使い手や、分銅鎖や手裏剣を扱うものなどが登場。方向キーとパンチ・キックボタンの入力を組み合わせ。さまざまなカンフー技を使い分けて闘うのだ。

そして今月も、恒例の「SPバージョン」のゲームが2本配信されている。任天堂が予告していた上記タイトルとは別にこっそり追加配信されるタイトルのことで、通常のバージョンとは異なるゲーム設定が適用されている。

まずは、『リンクの冒険』の「力持ちバージョン」だ。本作では見下ろし型視点でのフィールド移動と、横スクロールのアクションパートを組み合わせたスタイルを採用しており、リンクにはATTACK・MAGIC・LIFEのステータスがある。通常は経験値を貯めてレベルアップさせていくが、この「力持ちバージョン」では、ゲーム開始時からすべて最高のレベル8の状態でプレイ可能。アイテムは持っていないが、魔法が全部使える状態になっている。

そしてもう1本は、『星のカービィ 夢の泉の物語』の「エキストラゲームバージョン」である。本作では、一度クリアすることでより高難易度のエキストラゲームをアンロックでき、さらにそのエキストラゲームをクリアすれば、本作のBGMや効果音を自由に視聴できるモード「ゲームのおんがくをきく」が開放される。今回配信されたのは、これらが最初から利用可能となっているバージョンだ。いずれのタイトルも、『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』向けに通常バージョンがすでに配信中。『リンクの冒険』が難しかったという人や、『星のカービィ 夢の泉の物語』で歯ごたえあるプレイを楽しみたいという方は、これらのSPバージョンを試してみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog