『バイオハザード RE:2』ゲーム内から“タイラントを消す”ユーザーModが作成される

『バイオハザード RE:2』に登場するタイラントを消し去るModを作成したユーザーが現れた。このModを導入すれば、タイラントをゲームから消す。単に姿が見えなくなるという類のものではなく、単純にその存在がゲーム内から消えるのだ。

T-103型タイラントは、天井や壁から思わぬタイミングで乱入してきてはプレイヤーを追い回す厄介な存在。逃げようと思っても、扉を開けて執拗に追いかけ続けてくる。このタイラントを恐れ、恐怖を抱いたプレイヤーも少なくないのではないだろうか。このModでは、スクリプトをいじる類ではなく、エネミーとしてのタイラントを消すのみ。徘徊するタイラントが消えるというだけで、ゲームの進行が不可能になることも不具合が起こることもないそうだ。探索における緊張感は低まるが、その分安心してゲームをプレイできるだろう。

タイラントは『バイオハザード RE:2』の恐怖感を高める上で、重要な役割を果たしているが、一方であまりの存在感ゆえに「タイラントを消すMod」を求める声が根強く存在した。Steamコミュニティなどでも消滅Modが望まれてきたが、そうしたユーザーにとっては、待望のModになるのではないだろうか。Modのダウンロードはこちらから。

※ 海外ではラッパーDMXのヒット曲「X Gon’ Give It To Ya」とかけあわせるネタが存在するなど、ちょっとした“面白おじさん”としても親しまれているタイラント

ちなみにこのModを作成したmaverickheart氏は、タイラントやバーキンを除く非ボスのほとんどをゲーム上から消し去る「Everybody’s gone to the Rapture」というModをリリースしていた。ファンクションとしては同じような仕組みになっているだろう。『バイオハザード RE:2』は、ワークショップ用意されているわけではないが、かなりのハイペースでMod作品がリリースされている。多くのユーザーに愛されている証だと言えそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog