『DEAD OR ALIVE 6』のコスチュームをアンロックする「設計図」に否定的な意見集まる。開発元はひとまず一時的な対応を図る【UPDATE】

コーエーテクモゲームスは3月1日、3D対戦格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE 6』をPlayStation 4/Xbox One/PC(Steam)向けに発売した。本作は、『DEAD OR ALIVE』シリーズのナンバリング最新作で、シリーズの特徴である打撃・投げ・ホールドの3すくみの基本システムはそのままに、いわゆる必殺技ゲージであるブレイクゲージや、簡単にコンボを出せるフェイタルラッシュといった新たな要素を導入している。コスチュームなどキャラクターカスタマイズも充実しており、その管理をおこなえるDOAセントラルも用意された。

本作には、現時点で新キャラクターを含め26キャラクターが登場する。それぞれにコスチュームが豊富に用意されており、自分好みに着飾ったり個性を演出できることが魅力のひとつ。ただ、コスチュームをアンロックするには設計図を入手する必要があるのだが、その仕様についてファンからの評判はあまり芳しくないようだ。

コスチュームのアンロックに必要な設計図は、オンライン対戦やアーケードモードなどをこなすことで入手でき、難易度などにより異なるが1度に数枚といったところ。一方、コスチュームのアンロックにかかる設計図の枚数は、種類により200枚から1000枚。コスチュームひとつをアンロックするのに、かなりの回数プレイしなければならない計算だ。しかも、どのキャラクターのどのコスチュームの設計図を入手できるのかはランダムとなっており、特定のコスチュームをアンロックしたいとなると単純計算では計れず、さらに多くのプレイ回数と時間を覚悟する必要がある。新ゲームモードのDOAクエストをクリアすれば設計図を数百枚入手でき効率が良いが、プレイできるミッションの数は限られている。

コーエーテクモゲームスは本作の発売を記念し、3月14日までの期間限定でランクマッチでの設計図のドロップ数を10倍にするキャンペーンを実施している。それでも、設計図の入手がランダムであることを考えれば、作業量としては依然膨大だろう。また、オフラインメインで楽しみたいユーザーはこのキャンペーンの恩恵を受けられず、ファンの不満の声は止むことはなかった。

そうした声を受けてか、コーエーテクモゲームスは本日3月2日、このキャンペーンの内容を強化すると発表した。3月4日10時ごろに実施する緊急メンテナンスを終えた後からは、ランクマッチに加え、アーケード・タイムアタック・サバイバルモードでも、設計図の最大入手量を現在よりも大幅に増量するとのこと。具体的にどの程度増量されるのかは未発表。ただ、あくまで3月14日までの期間限定であるため、これによって作業量が大幅に緩和されたとしても、キャンペーン終了後には抜本的な対応を求められるかもしれない。

コスチュームを入手するには、設計図でアンロックしたうえで、オーナーポイント(ゲーム内通貨)を消費して購入する

ちなみに、本作のコスチュームに関連しては、シーズンパスの価格が海外で話題となっている。ローンチに合わせて発表された「DOA6 Season Pass 1」の価格は1万円。米国では93ドルで、ゲーム本体よりも高額なシーズンパスだとして各メディアが報じている。確かにインパクトのある価格だが、シーズンパスに含まれるコンテンツとしては、DLCコスチュームが52種類、『THE KING OF FIGHTERS XIV』とのコラボキャラクターである「不知火 舞」および未発表の追加キャラクターの使用権とそれぞれのコスチュームとなっており、非常に多くのコンテンツが含まれるが故の価格のようだ。ちなみに、すべてを単品で購入した場合は計1万5000円となる。

こうした値付けについて、Redditなどのコミュニティでは高すぎるという声がある一方、自分が使うキャラクターのものだけ個別に購入するから構わないといった声もある。もちろん、コスチュームひとつを作るにもコストがかかっており、これだけの数となると合計すればそれなりの価格になるのは当然だろう。前作『DEAD OR ALIVE 5』でも1万円のシーズンパスが、しかも複数配信されていた。値付けの良し悪しはともかく、ファンにとってはもはやおなじみの光景なのかもしれない。

DOA6 Season Pass 1購入特典の「女天狗 レッスルコスチューム」と「NiCO 閃光のアナライズギア」

この「DOA6 Season Pass 1」に含まれるコンテンツは、3月から6月にかけて配信されていく。“1”ということは、前作のようにまた1万円ほどする「DOA6 Season Pass 2」が待っているのだろう。なお。期間中に別のコンテンツが配信されることもあるが、そちらはシーズンパスには含まれないとのこと。

【UPDATE 2019/3/4 19:10】

コーエーテクモゲームスは3月4日、現在実施中の「コスチューム設計図ドロップ10倍キャンペーン」について、本日おこなった緊急メンテナンス後から、設計図のドロップ倍率を最大100倍に引き上げたと発表した。さらに、これまでランクマッチでの報酬のみが対象となっていたが、アーケード・タイムアタック・サバイバルモードにも適用されるようになった。なお、キャンペーン期間は3月14日まで。

また、3月中旬に配信予定のアップデート1.02にて、「ランダムで他のキャラの設計図が出てしまう点」などを修正するとのこと。本作の設計図においては、1度に入手できる枚数とアンロックにかかる枚数とのバランスの悪さに加え、ランダムでドロップすることが大きな不満点として挙げられていた。このアップデートによって、使用キャラクターのいずれかのコスチューム設計図が必ずドロップするようになるようだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog