PlayStation Vitaが近日出荷完了予定に。海外パッケージ版ソフトの生産は2019年3月末までに終了

現在販売されているPlayStation VitaのPCH-2000 ZA11モデル(ブラック)とPCH-2000 ZA23モデル(アクア・ブルー)、2つのモデルの国内製品ページに「近日出荷完了予定」との記載が追加された。弊誌からもソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)の広報担当者に確認し、「近日中の出荷完了に向けて準備を進めております」とのコメントを得ている。

近日出荷完了予定のPCH-2000 ZA11

PlayStation Vitaに関しては、2018年会計年度の終わりとなる2019年3月末までに欧米圏でのゲームソフト(パッケージ版)の生産が終了する旨が、昨年5月時点で報じられていた(Kotaku)。ダウンロード販売はその後も継続されるとはいえ、ひとつの大きな区切りとなる。

【2019/02/19 18:22 UPDATE】
PlayStation Vitaタイトルの生産終了について、あくまでも欧米圏向けのパッケージ版ソフトが対象であることを明記。

また同年9月には、PlayStation Vita本体について、2019年まで国内生産を継続し、それ以降は出荷完了となる旨が伝えられていた(ファミ通)。製品ページでは具体的な出荷完了時期は記載されていないが、近日出荷完了予定ということで、海外パッケージ版ソフトの生産終了とそう遠くないタイミングで出荷が完了すると考えられる。なお同じく会計年度末の時期となる2017年3月、PlayStation 3 最後のモデルとなるCECH-4300C(チャコール・ブラック 500GB)の公式製品ページに「近日出荷完了予定」と記載されてから出荷完了に切り替わるまでの期間は1か月ほどとなっていた。

PlayStation Portableの後継機として、2011年12に国内販売が開始されたPlayStation Vitaは、ネットワーク機能を活用したマルチプレイ、PlayStation 4のゲームを遊ぶことのできるリモートプレイ、960×544の高解像度、タッチ操作に対応した前面スクリーン、背面にも搭載されたマルチタッチパッドなど、技術面でも話題となった携帯ゲーム機である。

国内ではある程度の人気を保っていたが、欧米圏では最初の数年以降はあまり大きく宣伝されず活気づかなかった。大作のリリースこそ影を潜めたが、近年ではモバイルゲームの移植版やカジュアルゲームなど、簡単にトロフィーをコンプリートできる作品の配信数が増え、ニッチな需要を満たすようになっている(関連記事)。一部のゲーマーの間で新たな居場所を見つけつつあったが、予定どおり出荷の完了へと向かう運びとなった。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog