『The Elder Scrolls V: Skyrim』から生まれた大型RPG『Enderal』Steamにて配信開始。PC版『Skyrim』所持者が無料プレイ可能

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ドイツの拠点を構える開発チームSureAIは2月15日、Steamにて『Enderal: Forgotten Stories』(以下、Enderal)を配信開始した。本作はもともと『The Elder Scrolls V: Skyrim』向けの大型Modとして開発およびリリースされており、同作所有者がプレイ可能(無料)。なお、『The Elder Scrolls V: Skyrim Special Edition』には対応していないので注意。開発チームは、バグ取りを終えた後に『Special Edition』に取り組む可能性を示唆しているが、現時点では非対応となっている。

Enderal』は、『Skyrim』のエンジンをベースとしながら、まったく新たな世界で新たな物語を描くRPG。広大なフィールドの壮大な冒険を、ハンドメイドで描く。森林や草原、荒れ地やジャングル、山など、バリエーション豊かでロケーションを探索していく。もちろん、スキルシステムやゲームプレイシステムも『Skyrim』とは異なっている。よりハードになったサバイバルと高難易度になった戦闘がプレイヤーを待ち受ける。

登場するキャラクターはそれぞれ野心や信念を抱えており、ダークで心を揺さぶる物語が展開されるという。ハウジングシステムが用意されており、30~100時間のボリュームを誇る。今回配信される単独版はDLC「Forgotten Stories」も含まれており、同作では新たなクラスやエンディングが追加されているほか、クラフティング要素が強化され、12のサイドクエストが追加されている。

SureAI は、のちに分離した『The Elder Scrolls IV: Oblivion』のトータルコンバージョン Mod『Nehrim: At Fate’s Edge』の開発チームでもある。『Enderal』は2016年夏からModで遊べる状態であったが、今回Steamでのリリースに至った。Steamにリリースした理由は、Steam Workshopで『Enderal』をインストールすることにより『Skyrim』のインストレーションがごちゃごちゃになってしまうことを危惧してのこと。

単独のゲームとして配信されることにより、ほかのModを入れた『Skyrim』と並行して遊ぶことができるようになったほか、導入がより簡単になったり単独のディレクトリを持てたり、クラウドセーブと実績システムに対応できたりとさまざまなメリットができたという。なお、『Enderal』もまたMod(Steam Workshop)にも対応している。

Steamストアという新たな場所で、単独ゲームとして配信された『Enderal』。『Skyrim』所有者は、同作をベースに作られたまったく新たなRPGをプレイしてみてはいかがだろうか。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog