極寒地&人狼系サバイバル『Project Winter』日本語対応でSteam早期アクセス販売開始。8人の生存者の中に、脱出を阻止する裏切者が潜む

カナダのゲームスタジオOther Ocean Interactiveは2月8日、『Project Winter』のSteam早期アクセス販売を開始した。日本語に対応しており、販売価格は2050円となっている。本作は極寒地サバイバルと、人狼的な心理戦をミックスさせたオンラインCo-opゲーム。プレイヤー間の協力と騙し合いを醍醐味としている。日本語訳には部分的な漏れがあり完璧ではないが、ゲームプレイに支障をきたすほどではない。

『Project Winter』では最大8人のプレイヤーが、危険に満ちた極寒地から制限時間内に脱出するため協力し合うことになる。食料や物資の確保、天候の変化への対応、野生動物との接触などサバイバル生活を送りながら、レスキュー隊を呼ぶために電波塔やヘリパッドの修理にあたる。ただしマッチ開始前には、8人のうち数名が裏切り者(トレイター)としてランダムで指定される。この裏切り者に限り、マッチの目的は脱出ではなく、生存者の脱出を阻止することになる。どんな手段を使ってでも、生存者グループの生還を防ぐのだ。

生存者(サバイバー)の目標は、マッチ開始から30分後に訪れる猛吹雪に飲み込まれないよう、1人でも多くの仲間と一緒に脱出すること。脱出人数が多ければ多いほどマッチ終了時の最終スコアが高くなる。脱出方法は複数あり、それぞれ特定のタスクをこなすことで脱出が可能となる。なおメイン目標とは直接関係のないボーナス目標を任意で達成することでもスコアがブーストされる。

裏切者(トレイター)の目標は、生存者の脱出を阻止すること。生存者の脱出人数に応じてスコアのペナルティが課されるため、できる限り多くの生存者を排除せねばならない。なお裏切者として任命されたプレイヤー同士は互いが裏切者であることを把握できるが、通常の生存者は誰が裏切者なのかわからない。そこで裏切者は、正体がバレて生存者に殺害されないよう、生存者のふりをして、他の生存者に疑いをかけて、疑心暗鬼になっているうちにグループを排除していく。

マップ内には裏切者にしか開けられない物資箱もあり、それらを開けると裏切者の性能が上がる。もちろん、裏切者にしか開けられない物資を開けているところが生存者に見つかれば、裏切者だと一発でバレてしまうため要注意。また物資箱からは生存者のタスクを止めるための破壊工作アイテムが手に入る。これらをこっそりと仕掛けることで生存者の脱出を止めるのだ。なお生存者がタスクをこなすのに手間取っていると、裏切者用の物資が投下される。時間経過とともに戦局が裏切者有利になっていくのだ。

本作はサバイバルゲームということで、体力・空腹・体温の概念がある。体力はダメージを受けるほか、極度の体温低下や空腹によっても下がっていく。応急処置キット、薬草、もしくは食料の摂取により、死亡する前に回復しよう。空腹は時間経過に伴い進み、レッドベリーや肉を食べることで回復。肉は野生の動物を狩る、もしくは死亡したプレイヤーの身体から入手することが可能だ。食料は生で食べるよりも、安全地帯である山小屋のストーブで調理することで空腹度の回復量が上がる。なお山小屋の外に長時間出ていると体温が徐々に下がっていく。吹雪の発生時には体温が急低下するため、山小屋に戻るか、キャンプファイアを設置して暖を取ろう。

山小屋では調理用ストーブやアイテムのクラフト台、共用ストレージ、脱出タスク完了後に救助を呼ぶためのラジオが設置されている。山小屋は他プレイヤーを攻撃したり罠を仕掛けたりできない安全地帯であるが、プレイヤーの投票により特定プレイヤーを山小屋から追放することも可能。プレイヤー同士で認識を合わせることで、疑わしき者を追い出すのだ。山小屋での投票以外にも、複数プレイヤーが同時にインタラクトしないと開かないバンカーがあったりと、本作で生き延びるにはプレイヤー同士の協力が不可欠。この協力プレイが成立するかどうかで、マッチの満足度は大きく変わるだろう。

なおゲーム内でのコミュニケーション手段としては、範囲制限有りのボイスチャット、マッチ中にクラフトできる通信機を使ったプライベートなボイスチャット、テキストチャット、エモートが用意されている。うまく使い分けることで、プレイヤー間の騙し合いを制するのだ。

またゲームを遊んで獲得したポイントを使って、スキンアイテムが含まれたルートボックスを入手可能。そのほかマッチ中に「吹雪の中で10分間過ごす」「キャンプファイアを10回作る」といった条件をクリアしていくことでも、新しいスキンアイテムがアンロックされていく。そうしたスキンアイテムは、自分の操作キャラクターのカスタマイズに利用できる。

騙し合いがものを言う『Project Winter』。早期アクセス期間は3~6か月を予定しており、プレイヤーからのフィードバックを参考にしつつ完成に向けてアップデートを重ねていくとのことだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog