『キングダム ハーツ3』全世界出荷+ダウンロード本数が500万本を突破。ダークシーカー編完結作が堂々の滑り出し

スクウェア・エニックスは本日2月5日、『キングダム ハーツ3』の全世界パッケージ出荷+ダウンロード本数が500万を突破したと発表した。『キングダム ハーツ3』は1月25日に日本で先行発売され、1月29日に欧米版(対応字幕: 英語・フランス語・イタリア語・ドイツ語・スペイン語)が発売されていた。欧米版の発売から約1週間で、出荷およびダウンロード数が500万本に達したことになる。なお、今作の売れ行きは、シリーズ最速のものであるとのこと。

日本でも、パッケージ版の売り上げが好調で、1月27日付のメディアクリエイトの週間チャートでは約61万本売れたことが報告されていたほか、UKIE/GfK調査による2月2日付のイギリス週販チャート(パッケージ版のみ計測)でも首位を獲得し、『キングダム ハーツ 2』の倍以上の売れ行きであることが報告されていた。国内だけでなく欧米圏でも強さを見せ、500万というひとつの大台に到達した。高い注前評判に違わず、堅実な出足を見せている。

『キングダム ハーツ3』は、ディズニー世界とファンタジー世界を融合させた「鍵」をテーマとしてシリーズ最新作。これまで主人公のソラを主人公に据えて続いてきたダークシーカー編の完結作である。これまでのディズニーワールドに加え、「トイ・ストーリー」などピクサーが新たなワールドが加わったことにより、よりバラエティ豊かな世界が楽しめる。最新技術で描かれるディズニーワールドを渡りながら、さまざまな世界を旅する壮大な冒険は、完結作に相応しいものとなっている。演出なども凝らされており、テーマパークにいるような豪華さもひとつの特徴。メタスコア/ユーザースコアは80点台後半/前半と共に高水準で、メディア・ユーザーから高く評価されている作品である。

先月1月30日には、一定条件を満たすことで見られるシークレットムービーが解禁され、すべてのコンテンツが楽しめるようになった『キングダム ハーツ3』。今回の発表にあわせ、旧作をリマスターした『KINGDOM HEARTS –HD 1.5+2.5 ReMIX–』『KINGDOM HEARTS –HD 2.8 Final Chapter Prologue–』のダウンロード版が2月6日から13日まで、33%オフの税込4920円で購入可能。新規ユーザーはそちらから入ってみてもいいし、もしくはおさらいムービーの充実やゲーム内でのセリフ回しなど、新規ユーザー向けの配慮も十分になされているということで、今作からゲームを遊んでみるのもいいだろう。『キングダム ハーツ3』はPS4/Xbox One向けに発売中だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog