無人島を“ただ歩くだけ”のゲーム『TAKANARIA』Steam無料配信開始

インディースタジオCrownbirdは1月15日、『TAKANARIA』をSteamにて配信開始した。価格は無料。『TAKANARIA』は、『RPGツクールMV』でつくられた「フィールドをウロウロ歩き回れるだけ」のアドベンチャーゲームだ。

スポンサーリンク

本作の舞台となるのは、タカナリアと呼ばれる無人島。どうやらこの無人島には昔文明が存在していたが、なんらかの事情があり廃れ無人島になってしまったようだ。主人公は、この島を管理するヤフルと植物学者のアネンシとなり、自然と遺物の両方が存在する美しい島を歩くのだ。

本作は、明確なストーリーが存在せず、またゲームクリアの概念もない。要するに、無人島をただ歩くだけの作品なのである。そう聞くと退屈かもしれないが、本作においては島であるタカナリアが作り込まれており、島を探索するのはなかなかどうして楽しい。光っているオブジェクトを調べれば、ヤフルとアネンシが会話を始め、オブジェクトの情報が解説される。そうした断片的な情報を組み合わせて、島の背景やふたりの性格を読み取っていく楽しみがある。またオブジェクトの中には雑草が存在しており、アネンシがそれを食すといった演出もある。ピクセルアートで描かれる島はかわいらしくも美しく、それと同時にいくつか歩く楽しみが用意されているだろう。

スポンサーリンク

そのほか、奇妙なモニュメントの前を通れば、Info欄にそうしたモニュメントがコレクションとして記録されていく。そのほか、タカナリア島には時間の概念が存在し、昼夕版のサイクルが繰り返される。時間が変われば景色も変わる。歩くのもよし、探索するのもよし。のんびりと無人島を過ごしてみよう。

約1時間以内には遊び終わるシンプルかつコンパクトであるが、開発者の作品へのこだわりと強い愛情を感じさせる“やさしい”ゲーム『TAKANARIA』。せっかく無料配信されているということで、一度遊んでみるといいだろう。Crownbirdは、本作とは別に「PARADISECLUB」と呼ばれる作品を開発中。こちらの続報にも期待したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog