Nintendo Switch向け『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』は2019年に発売へ。「好きなキャラと住む」要素を追加

スクウェア・エニックスは本日12月22日、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S(以下、ドラゴンクエストXI S)』の詳細情報を公開した。「ジャンプフェスタ2019ステージ」のステージにて、いくつかの新情報が公開されたので、その内容をお伝えする。同作は、『ドラゴンクエストXI』に新たな要素を盛り込み、Nintendo Switch向けに発売するタイトル。2019年に発売予定である。新しいユーザー向けだけでなく、一度遊んだユーザーにも深い『ドラクエXI』が体験できるようにつくられているという。

『ドラゴンクエストXI S』の最大の特徴は、キャラクターにボイスがついた点。メインキャラクターだけでなく、サブキャラクターも含めて200人以上のキャラクターが喋るのだという。ボイスの収録は、1年間をかけてじっくりとおこなったようだ。仕様としては、ボイスのオンオフは選択可能。音量ボリュームをいじることができ、0にすることでいつもの「ピピピ音」が鳴るとのこと。

今回発表されたキャストは以下のとおり。ほかのキャストは、年明けより順次公開していくという。

カミュ:内山昂輝さん
シルビア:小野坂昌也さん
ベロニカ:内田真礼さん
セーニャ:雨宮天さん
マルティナ:小清水亜美さん
ロウ:麦人さん

『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』は、PlayStation 4/ニンテンドー3DS向けに、2017年7月に発売されたシリーズ最新作。今年の9月にはPlayStation 4/Steam向けに海外版も発売されていた。主人公は、辺境の地イシの村で育った青年。育て親であるペルラから、自身が「勇者」の生まれ変わりであると告げられたところから、世界の運命を巻き込んだ物語が始まる。同作はNintendo Switch向けの発売も予定していたが、今年の9月には『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』として発売されることが明かされていた。このSは「しゃべるのS」であることが断片的に明かされていたが、あらためて情報が公開されたことになる。

またもうひとつの新情報として、「好きなキャラクターと一緒に住む」という要素が追加されるという。このキャラクターは、「カミュ」や「グレイグ」など自由に選べるようで、それらのキャラクターは喋るという。堀井雄二氏は、本編に導入されているクリア後の某キャラクターとの「結婚」を引き合いに出していたが、厳密には結婚とは異なるとのこと。断片的な情報なので謎は多いが、今後の続報に期待しておこう。今後の展開としては、正月には同作に関連したサプライズが仕込まれているといい、2019年に入ってからは情報公開されていくようだ。

 

© 2017, 2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog