猫耳娘の服を撃って脱がしてレスキューする『DEEP SPACE WAIFU: NEKOMIMI』Steam配信開始。低価格・脱衣STGシリーズ新作

インディースタジオNeko Climax Studios12月19日、『DEEP SPACE WAIFU: NEKOMIMI』をSteamにて配信開始した(Steamストアページ)。通常販売価格は205円。12月26日までは20%オフの164円で購入できる。また本作のサウンドトラックも別途310円(12月26日まで279円)で販売されている。

『DEEP SPACE WAIFU』はやさしさとユーモアあふれる低価格の脱衣シューティングゲームシリーズ。2017年6月に1作目がリリースされてからというもの、学園テーマの『DEEP SPACE WAIFU: DLC』、胸元フラット系キャラクターに特化した『DEEP SPACE WAIFU: FLAT JUSTICE』、ファンタジー系キャラクターに特化した『DEEP SPACE WAIFU: FANTASY』と、毎回テーマを変えながら、さまざまなタイプのWAIFUたちが描かれてきた。

主人公はこれまでWAIFUというWAIFUの衣服を剥いできたプレイボーイなキング・ベア。今回は「ネコレスキューチーム」の一員として、道端に捨てられた野良猫耳娘を救いに向かう。バイクを乗り回し、邪魔するエイリアンを退治しつつ、猫耳娘の衣類を剥いで破いて、彼女たちをレスキューせよ。登場する猫耳キャラクターは全13体。ステージ終了後には攻略した猫耳娘との会話シーンが挿入され、こちらもシリーズ恒例で下ネタたっぷりの内容となっている(ただし本作は現時点で日本語非対応)。 

縦スクロール・シューティングゲームとしてはオーソドックスなつくりとなっており、敵機撃破時に現れるハートを拾い集めてハイスコアを狙うことになる。癒し系のサウンドトラックも健在で、これまでよりもスタイリッシュ路線な楽曲も収録されている。シリーズおなじみのジェントルマンモードでは、衣類を剥ぐとステージ失敗というシビアながらも紳士らしい振る舞いが求められる。また、同じくシリーズ恒例となったワンハンドモードも搭載されており、こちらのモードをオンにすると、名前どおり片手でゲームを遊べるような操作体系に切り替わる。

 今作の新要素としては、これまでキング・ベアのみであった操作キャラクターが全4体に増えている点が挙げられる。それぞれ性能が異なり、たとえば衣類恐怖症のキング・ベアは残機最大数・パワーアップアイテムの保持可能数が多め。女性バイカーのFOXXXYは与ダメージが多めでステージ開始時からスペシャル攻撃ゲージがたまっている。曲線美を愛するLEISURE LIONは残機最大数と与ダメージ増効果を有している。

 なお本作のヌードパッチは過去作と同じ方法で適用可能となっている(Steamコミュニティスレッド)。ハイペースで新作を配信しているNeko Climax Studios。現在は次回作に向けてアートワークを制作中とのことで、次はどのようなジャンルのWAIFUに挑むのだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog