『DOOM』を手がけたJohn Romero氏が、精神的続編『SIGIL』を発表。初代『DOOM』の無料modとして2019年2月配信予定

初代『DOOM』のゲームデザイナーのひとりとして知られるJohn Romero氏は、同作の発売25周年となる12月10日、『DOOM』の精神的続編『SIGIL』を発表した。1993年に発売された『DOOM』の無料mod(megawad)として、2019年2月に配信する予定とのことだ。

John Romero氏はid Softwareにて『DOOM』『DOOM II: Hell on Earth』『Quake』『Wolfenstein 3D』などを手がけたゲームデザイナー。現在は自身のゲームスタジオRomero Gamesにてゲーム制作を行っている。今回発表された『SIGIL』はid Softwareの『DOOM』IPを使ったものではなく、あくまでも非公式の精神的続編として開発されている。『SIGIL』には9つのシングルプレイ用レベルと9種類のマルチプレイ用マップ(デスマッチ)が収録される予定。『The Ultimate Doom』エピソード4にてSpiderdemonを倒したあとの地獄での展開が描かれる。なお開発にはPascal vd Heiden氏のDoom Builder 2が用いられている。

また無料modとしての配布とは別途、ゲームのパッケージ化事業で有名なLimited Run Gamesと提携し、「ファンボックス」と呼ばれる2種類の数量限定・関連グッズパックを販売予定。ギタリストBucketheadによるサウンドトラック、数々のアーティストのアルバムカバーを手がけてきたChristopher Lovell氏によるカバーアート、mod入りのフロッピーディスク型フラッシュドライブなどを同梱するもので、39.99ドルの「SIGIL STANDARD EDITION BOX PC MEGAWAD」と166ドルの「SIGIL BEAST BOX PC MEGAWAD」の2種類のバージョンが販売される。

今回『SIGIL』の開発を開始した背景としては、長年にわたり新エピソードを求める声がRomero氏のもとに寄せられていたほか、ここ数年は25周年を記念して『DOOM』のエピソード5をつくらないのかというリクエストが多かったことを受けて、2016年開発に着手したとのこと。なおRomero Gamesでは『SIGIL』以外のプロジェクトも動いているという。まだ情報は公開されていないこともあり、そちらについては気長に待ちたい。

先述したように12月10日は『DOOM』フランチャイズの25周年記念。新生『DOOM』のNintendo Switch版では、アップデート1.2によりビデオキャプチャー機能が追加される旨がアナウンスされている。

またBethesda Softworksからは『DOOM』25周年の記念動画が公開。2019年は「Year of DOOM」として、限定コンテンツやリワード、コンテストといった企画が実施されていくと発表されている。合わせて新しい『DOOM』ファンクラブ「Slayers Club」がアナウンスされており、会員になると特典として新作『DOOM Eternal』の限定スキン「Zombie DOOM Slayer」が手に入る。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog