キリストや仏陀が拳を交える格闘神ゲー『Fight of Gods(ファイトオブゴッズ)』Nintendo Switch版が12月13日に発売決定

株式会社賈船(COSEN)は12月6日、『Fight of Gods(ファイトオブゴッズ)』のNintendo Switch版を、12月13日に発売すると発表した。価格は1500円(税込)で、ニンテンドーeショップにて予約受付中。あらかじめダウンロードも開始している。本作は、台湾のインディースタジオDigital Crafterが開発した対戦格闘ゲームだ。

スポンサーリンク

『Fight of Gods』というタイトルのとおり、本作では世界各地の神や聖霊、神話中のキャラクターらが一堂に会して格闘大会をおこなう。イエス・キリストやゼウス、仏陀、天照大神、モーゼといった我々にも馴染み深いものから、中国の女神・媽祖や、北欧神話のフレイヤなど計13体が登場。アヌビス神やサンタクロースもいる。なお、今回のNintendo Switch版の国内発売にあたっては、声優の宮崎珠子さんがオーディションを勝ち抜き、天照大神の声を当てている。

本作は3Dグラフィックを採用しながら、ゲームシステムはクラシックな2Dスタイルを導入。弱・中・強攻撃と投げが各ボタンに割り当てられ、十字キーのコマンドと組み合わせることで各キャラクター固有の必殺技を繰り出すことができる。画面下には、黄色と緑色の2本のゲージがそれぞれのキャラクターに用意されており、黄色のゲージが満タンになると超必殺技を出せる。技はさまざまだが、コマンドは全キャラクター共通だ。そして緑色のゲージの方は、満タンになると「神の力」を発動可能。神の力は、相手を直接攻撃する技もあれば、特定の必殺技を強化したり、体力を回復したり、あるいは移動速度などステータスに影響を与えたりとキャラクターによって効果がかなり異なる。

ゲームモードは、神々と闘い魔王との最終決戦を目指すアーケードモード、オフラインでの2人対戦モード、そしてトレーニングモードを収録。アーケードモードでは、特定の条件を満たすことで、キャラクターの新たなスキンをアンロックできる。

本作は、昨年9月からSteamにて早期アクセス販売をおこなっており、発売当時は神々が拳を交えるという大胆なゲーム性が大きな話題となった。またそうしたテーマから、仏教徒の多いマレーシア国内からSteamへのアクセスが一時全面ブロックされ、のちに同国やタイの政府からの要請により、本作の両国向けの販売を中止するという異例の事態も発生したことも記憶に新しい(関連記事)。なお、Steam版は現在も早期アクセス中で、今回のNintendo Switch版発売に合わせて正式リリースとなるのかどうかは今の所アナウンスされていない。
【UPDATE 2018/12/6 18:00】
「仏教国であるマレーシア」という文言を「仏教徒の多いマレーシア」に変更しました。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog