声優が、ゲームなどの「テキスト作り」をサポートするプログラムが海外で始動。読み上げた際に違和感が生じるセリフなどを修正する無料の試み

ポスト・プロダクション業務を行っているThe Halp Networkは、Specialized Workshops And Actor Tactics(S.W.A.A.T.)プロジェクトを開始したようだ。GameIndustry.bizなどが報じている。S.W.A.A.T.は、声優たちがゲームやアニメ、ラジオのテキスト作りをサポートするというプログラムだ。テキストは、作成段階では違和感がなかったとしても、声優が読み上げる際には会話の言葉として不自然に感じるものもあるだろう。こうしたテキストの修正サポートをおこなうというのが、S.W.A.A.T.の狙いであるようだ。

S.W.A.A.T.のセッションでは、2時間にわたって声優たちがテキストをチェックするという。1タイトルにつき、最大2セッションが可能。実際に声を出して読み上げることで、ニュアンスをチェックしリズムを確認。自然な間などが生まれるかを確かめていくという。プレイヤーを没入させるようなテキストであるかを、プロの目線で厳しく精査するわけだ。

監修する声優には、『オーバーウォッチ』にてアッシュ役を演じるJennifer Hale氏や、『Firewatch』でデリラ役を演じたCissy Jones氏、『2064: Read Only Memories』でレクシー役を演じたSarah Elmaleh氏などキャリアある人材が揃う。彼もしくは彼女たちから直々に指導が受けられる。今後は若い層の声優スタッフを徐々に増やしていくという。

S.W.A.A.T.から指導を受けたテキストを必ずしもゲーム内に実装する必要はないほか、S.W.A.A.T.のスタッフをゲーム内で起用する義務もない。もちろん、相談上のやりとりにて提供された機密情報は、契約を通じてしっかりと守られる。一方で、セッションに参加するキャストを指定することはできない。スケジュールのあいた声優スタッフが、指導にあたることになる。

興味深いのは、おこなわれるセッションが完全に無料であること。2時間*2セッションが上限ではあるが、その時間は無料でじっくりテキストのチェックをしてもらえるわけだ。ではS.W.A.A.T.はどのように利益を得るのだろうか。結論からいえば、声優は指導を通じて自身の売り込みができる。たしかにセッションの条件としては、テキストのチェックをした際に実際に読み上げられたボイスを収録することが禁じられている。声のコツやポイントをメモすることは可能だが、声を録ることはできない。

しかし、仕事として彼女たちにキャスティングを依頼することは可能である。制作側は、指導してくれた声優たちを起用することができる。テキストの指導を介して、声優の売り込みがかけられるというシステムであるわけだ。前述した若いスタッフを増やすというのは、若い才能を売り出すという狙いもあるのだろう。テキストの指導やボイスキャスティングの相談だけでなく、パフォーマンスキャプチャーなど多岐にわたるキャスティングのコンサルティングにも対応するという。

S.W.A.A.T.はアメリカのロサンゼルスに事務所を構えており、基本的には現地に出向くことになるが、旅費など諸々の費用を負担するならば、遠征にも対応するとのこと。またビデオチャットによるオンラインセッションにも対応しているため、まずは、問い合わせてほしいとしている。

近年、ゲームは大作化が進んでおり、キャラクターの音声がフルボイスで再生されるという作品もしばしば見かけられる。美麗なグラフィックと迫力ある音声、なめらかなモーションによる豪華なカットシーンによって没入体験が楽しめる。しかし一方で、テキストが稚拙だったり不自然だったりすると気になりやすい。そうしたテキストおよびセリフを声優という視点から修正する取り組みは非常に興味深い。無料であるが、前述したように声優側にもメリットが存在する。あくまで海外の話であるが、こうした取り組みが成功を収めるか注視したいところ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog