Steamのゲームが遊べる携帯型PC「SMACH Z」がついに完成、2019年第1四半期に製造開始。『GTA V』を1080pで動かす映像も

SMACH Z開発チームは、同デバイスの開発を完了したと告知し、2019年第1四半期に製造を開始すると発表した。すでに業者がコンポーネントの製造や出荷の手続きに入っており、2019年第1四半期より大量生産が始まるという。まずはクラウドファンディングのバッカーにむけて製品は出荷され、そののちに一般販売が開始されるとのこと。

スポンサーリンク

「SMACH Z」は、SteamなどPCゲームを遊ぶことを考慮して設計された、ポータブルPCだ。デフォルトのOSはカスタムされたLinuxであるが、アップグレードしてWindows 10を入れ、PCとしてブラウジングを楽しんだり、YouTubeなどを視聴することも可能。ハードウェアとしては、タッチパネルの搭載された6インチのモニタの両脇には、タッチパッドが用意されており、このタッチパッドはボタンや3Dスティックに付け替えることが可能。下部にはスティックおよびボタンが配置されており、コンソール向けゲームも快適に楽しめるだろう。端子はUSB-C、USB-A、Micro USB、ディスプレイポート、SDカード、オーディオミニジャックを完備。SDカードは2TBまで対応し、ネットワークはIEEE 802.11nおよびBluetooth 4.0を備えている。

スペックとしては、AMD Radeon Vega 8AMDを組み込んだSoC Ryzen Embedded V1605Bが搭載されている。解像度は1080pにまで対応。メモリやストレージは選択することができ、通常版は、RAM 4GB、ストレージは64GB、カメラなしの最小構成。メモリは最大16GBのデュアルチャンネルにすることができ、SSDは256GBを選択可。バッテリー容量は4 cells of 3200mAhで、45分の充電で、2時間から7時間のゲームプレイが楽しめるとのこと。ちなみにお値段は通常版が8万910円からスタート。

動作タイトルの例としては、『ダークソウル3』をミディアム/720p設定で30fpsにて動作、『GTA V』『ウィッチャー3 ワイルドハント』も同様にノーマルセッティング/720pにて30fpsで動かすことが可能。『ロケットリーグ』はハイセッティング/1080pを30fps以上で動作させることができ、『オーバーウォッチ』はローセッティングにすれば60fpsで動かすことができる。『フォートナイト』(おそらくミドル設定)も快適に動かせるとのこと。ちなみにファンの音の大きさはNintendo Switchで3Dゲームを遊ぶ時と同程度になるという。

弊誌は9月の東京ゲームショウ 2018にて、開発者のひとりであるOscar De La Torre氏を直撃(関連記事)。氏は「SMACH Z」は「GPD WIN 2」と競合しないと断言。その理由として、「SMACH Z」は「自分でパーツを換装可能な仕様」であることをあげていた。プロセッサからメモリ、ストレージ。バッテリーやマザーボードに至るまで、ほとんどのパーツが自分で交換できるという、自作PCにも似た構造が採用されているわけだ。

一方で2018年12月に発売するとTorre氏が息巻いていたものの、最終的には2019年第1四半期“製造開始”というスケジュールになった。東京ゲームショウで展示されていたのはあくまでコールドモックで、実機が確認できないという点も不安要素だった。最終的に、やはり発売日は来年の春以降になることが確定した形だ。

YouTubeに投稿された新映像では、『GTA V』を1080pで動作させているが、コメント欄では「アートCGIを用いたニセのフェイク映像だ」とのコメントが寄せられるなど、その性能に疑問を持つ声は根強い。なかなか実機を見せられていないという点で、疑問が集まるのは仕方なしといったところだろうか。スペイン生まれの製品でありながら、予約の半数が日本から寄せられており、国内では不安と同様に期待も高い「SMACH Z」。長きにわたる開発を経て、産声をあげる日が、刻一刻と近づいている。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog