うさぎ討伐系ストラテジー『Fluffy Horde』Steamなどで配信開始。迫りくる無数の悪魔うさぎをどう屠るか

インディースタジオTurtle Juiceは11月8日、『Fluffy Horde』をSteamおよびHumble Storeにて配信開始した。価格は1010円で、11月15日までは15%オフの858円で購入できる。『Fluffy Horde』は直訳すると「ふわふわの大軍」。本作では、見たこともないほど多くの数のうさぎが押し寄せてくるのだ。ちなみに本作には、グロテスクな表現はないので安心してほしい。

スポンサーリンク

『Fluffy Horde』はジャンルとしてはリアルタイムストラテジーとなる。横スクロール型のストラテジーゲームにタワーディフェンスを混ぜ込んだ作品だ。プレイ済みの方向けには、『Kingdom: New Lands』をイメージしてもらえばいいかもしれない。プレイヤーは納付を雇うことでお金を増やし、そのお金を使い兵士を雇う。その兵士達が戦うのは“うさぎの群れ”である。

放浪のシャーマンの勘違いにより生み出された悪魔のうさぎは、魔法の力により驚異的な繁殖を見せている。このうさぎの大群から特定の施設を守るというのが基本的な任務となる。農夫を雇いつつ資金を蓄え、さまざまな兵を雇い、迎撃する。うさぎたちがかわいいからといって生ぬるい迎撃をしていては、たちまち壊滅させられてしまう。暴力的な数で進軍するうさぎには暴力的な数の兵士で出迎えよう。

一方で、兵士をアップグレードをしたり柔軟に編成を変えたりと戦略的な判断も求められる。うさぎたちにもさまざまな種類が存在する。より邪悪なものから、巨大なものなど幅広い。各敵に対する対応でも、戦略的な判断が重要になるだろう。クリアの速さによってランクが変化するので、何よりも速さを優先してうさぎたちを屠るのだ。

本作は、物理演算などをまじえて描かれるうさぎの大群が目を引きがちであるが、ボイスオーバーつきのシュールなテキストも、世界観をコミカルに彩っている。日本語には対応していないものの、独特の“ゆるさ”が存在するので、癒やされつつも何かを制圧したい方は本作を手にとってみてはいかがだろうか。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog