青年の罪の意識を描くサイコホラーADV『DISTRAINT: Deluxe Edition』Steamにて期間限定の無料配布。続編『DISTRAINT 2』は11月13日発売へ

フィンランドの個人開発者Jesse Makkonen氏は11月6日、2DサイコロジカルホラーADV『DISTRAINT: Deluxe Edition』のSteam無料配布を開始した(日本語非対応)。11月13日に発売日を控えた続編『DISTRAINT 2』のプロモーションをかねた期間限定の施策だ(配布終了時期は未定)。無料配布中にライブラリに追加すれば、ゲームを永続的に所有できる。

スポンサーリンク

※2015年10月に公開されたリリーストレイラー

2015年10月に発売された本作の主人公となるのは、野心的な青年Price。有名企業とパートナーシップを結ぶべく、とある老婦人の資産を取り押さえるところから物語は始まる。それはPriceが人情をかなぐり捨てた瞬間でもあり、すぐに彼はその代償を払うことになる。本作はそんな彼の後悔と罪の意識を、かわいらしくもダークで奇妙な2Dビジュアルで描くサイコロジカルホラーADVゲームである。

クリアまでの所要時間は2~3時間ほど。Steamのユーザーレビューは「非常に好評」(4852件)をキープしており、レビュー集積サイトMetacriticでもメタスコア 76点、ユーザースコア 7.7/10点と手堅い評価を得ている。パズルを解きながら横スクロールのマップを移動していくシンプルなつくりで、人間の心に焦点を当てた短編ADVとして遊びやすい作品となっている。今回無料配布の対象となっているデラックス・エディションに関しては、ダイナミック・カラーリングにより色彩豊かになり、画面を見やすいよう光源処理も変更。アニメーション、グラフィック、オーディオ、UIも改善されており、さらに遊びやすさが増している。ただし日本語非対応である点には留意が必要だ。

なお1作目の出来事の後を描く『DISTRAINT 2』は11月13日発売予定(Steam)。主人公Priceが失った希望を取り戻すべく、再び不吉な冒険に出る。Android/iOS向けにも、2019年早期リリース予定となっている。

※『DISTRAINT 2』ローンチトレイラー

 

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog