『ドラゴンクエスト XI』の売上はアメリカではシリーズ最高の出足に。一番売れていた『ドラゴンクエスト IX』の倍以上の数字を記録

アメリカの調査会社NPDグループは、同国における2018年9月の売上チャートを公開した(VentureBeat)。同チャートでは、かねてから好調が伝えられている『Marvel’s Spider-Man』がPlayStation独占タイトルとして過去最高の月間の出だしを記録したほか、PlayStationタイトルとして7番目の出だしとなったことも報告されている。

そのほか、『アサシン クリード オデッセイ』の発売2日間の売上(NPDの集計は10月6日が締切)が前作を越えていること、『Forza Horizon 4』がシリーズ最高の月間の出だしになったことなど多岐にわたる情報が公開中。多くのタイトルがアメリカの月間チャートで順調な滑り出しを見せており、そこには『ドラゴンクエスト』最新作も11位に登場している。

『Dragon Quest XI: Echoes of an Elusive Age』として発売された同作は、『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』の海外版だ。国内版の魅力をそのまま、英語音声を新たに収録。メニューやUIは、より視覚的・直感的な操作を導入。一人称視点カメラを追加したほか、フィールド上をすばやく動けるダッシュ機能を導入し、キャラクターやカメラの動きなどを含めて多くの部分が改善されている。さらには、「Draconian Quest」と呼ばれる上級者向けモードが実装されている。

その評価はというと、海外メディアGameSpotは伝統をうまく守りつつ、現代化した『ドラゴンクエスト』であると評し90点をつけているように、レビュー集積サイトMetacriticには高い得点が並んでおり、スコアも86点を記録している。高い評価の後押しを受けるように、イギリスでも、発売直後である9月7日付チャートにて初登場2位にランクイン。9月7日付の欧州・中東・アフリカの主要国およびオーストラリアを対象とした週販チャートでも同じく2位に登場し、欧州で好調な出足を見せていた。そして9月のNPDチャートでは全体の月間チャートで11位にランクインし、PS4チャートでは7位に入り込んだ。メーカー発表がないので具体的な数字は把握できないものの、調子のよさが垣間見えるだろう。

NPDグループのアナリストであるMat Piscatella氏は、同作の売れ行きについて言及。『Dragon Quest XI: Echoes of an Elusive Age』はアメリカでは、シリーズにおいて発売月最高の数字を叩き出したとのこと。同国における『ドラゴンクエストIX』発売月の売上に比べて、金額ベースで倍以上の勢いであるという。ニンテンドーDSで発売された『ドラゴンクエストIX』は、これまでアメリカで一番売れていたシリーズタイトル。海外販売を担当した任天堂発表によると、2011年4月時点で105万本の売上を記録していたことが報告されている(リンク先はPDF)。単純には比較できないが、この売上の倍以上のペースであると考えると、『ドラゴンクエスト』シリーズが海外でもさらに受け入れられつつあると解釈することは可能かもしれない。

スクウェア・エニックスは現在、Nintendo Switch向けに『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』を開発中。9月23日に開催された東京ゲームショウ2018のスクウェア・エニックスのステージ内で同作のタイトルが正式に告知されており、その際に堀井雄二氏はSの意味について「“しゃべる”のS」とコメント。プロデューサーである岡本北斗氏は「昔ながらの声のない『ドラゴンクエスト』が好きな方にも楽しんでもらえるよう調整を行っている」とも語っていた。海外販売が好調なNintendo Switch版は、国内ユーザーにリーチするだけでなく再び海外ユーザーに訴求するポテンシャルが秘められているだろう。2017年に発売された『ドラゴンクエスト XI』は、まだまだ国内外で存在感を示していきそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog