油まみれになった手で握っても大丈夫。防油仕様の『PUBG』Xbox Oneコントローラーがオーストラリアで発表

マイクロソフト・オーストラリアは9月6日、『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)をテーマにしたXbox Oneコントローラー「Xbox PUBG Greaseproof Controller」を発表した。これはXbox One版『PUBG』が、昨年12月から続けてきた早期アクセスに当たるGame Previewを終了し、9月4日に製品版として正式リリースされたことを記念したもの。そして、コントローラーに特許技術の“防油コーティング”を施していることが大きな特徴だ。

Greaseproof Controllerは、グレーを基調に、アナログスティックやバンパー部分に黄色を配したカラーリングで、左のグリップ部分には「#GREASEPROOF 1.0」という文字がプリント。背面には、シリアルナンバーと『PUBG』のロゴがある。そして、通常のXbox Oneコントローラーでは表面がマットな滑り止め加工が施されているところ、Greaseproof Controllerは防油コーティングによりツルツルとした光沢のある仕上げとなっている。映像ではこんがり焼かれたチキンが飛び交い、さらに大量の油をコントローラーにぶっかけて、本機の防油性能をアピールしている。『PUBG』の海外版では、勝利者には「WINNER WINNER CHICKEN DINNER!」というメッセージが表示されることから、勝利に酔いチキンを食べて油まみれになった手のまま、ゲームをプレイしても大丈夫というコンセプトのようだ。

このGreaseproof Controllerは200台限定で生産されるが、一般への販売予定はなく、キャンペーンの賞品として提供される。現在、オーストラリアとニュージーランドのXbox公式Facebookページにて、この内の5台をプレゼントするキャンペーンがおこなわれており、『PUBG』の「WINNER WINNER CHICKEN DINNER!」にまつわるエピソードをファンから募集している。ただし、応募資格があるのはオーストラリア在住の18歳以上の人のみ。残念ながら日本やほかの国の人は参加できず、現時点では入手する術はない。ちなみに、『PUBG』モデルのXbox Oneコントローラーはほかに、ブラックを基調としたデジタル迷彩に、汚し加工とペイントが施されたオリジナルモデルが10月30日に海外で販売される(以下の画像)。日本向けには未発表だが、こちらは海外通販すれば入手可能だ。

マイクロソフト・オーストラリアはこれまでにも、「Xbox Onesie」というダジャレから生まれたような服や(Onesieとは上下が繋がった着ぐるみのこと)、海やプールで使える大きなXbox Oneコントローラー型のフロートなどユニークなグッズを生み出し、キャンペーン用のプレゼントとして提供してきた。今回のGreaseproof Controllerも、『PUBG』の象徴のひとつであるチキンから発想を飛ばしたアイテムとなっており、海外では「Xboxオーストラリアがまたやった」と受け止められているようだ。本当にチキンを食べながらゲームをする人がいるのかどうかは分からないが、ポテトチップスくらいならあり得る話。コントローラーが油で汚れてもサッと拭き取れるのは意外に便利かもしれない。

なお、正規リリースを迎えバージョン1.0となったXbox One版『PUBG』は、日本でもパッケージ版・ダウンロード版ともに販売中。Sanhokマップや新たな武器、車両を追加。デスマッチモードのWar Modeも実装された。また、Xbox One版だけの特別なゲーム内アイテムとして、パッケージ版の購入者にはXboxのブランドカラーをイメージした衣装がプレゼントされ、ダウンロード版の所有者はXboxロゴの入ったパーカーを入手できる。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog