『モンスターハンター:ワールド』全世界出荷数が1000万本を突破。絶好調のSteam版の後押しを受けて、大台到達

カプコンは本日8月20日、『モンスターハンター:ワールド』の全世界出荷数が1000万本を突破したことを発表した。この全世界出荷数には、ダウンロード版販売実績も含まれている。PlayStation 4およびXbox One(海外)向けに発売された本作は、1月26日に発売されて以来、発売から3か月を待たずして全世界出荷数800万本を突破していた。そこから4か月をかけて、200万本を積み上げたことになる。

スポンサーリンク

コンソール版も売上が絶好調であることがたびたび報じられていたが、200万本の上積みには、8月10日に発売されたSteam版も多く含まれているだろう。Steam版は予約段階から、数ある有力タイトルを押しのけ、Steamにおける全世界売り上げ上位の首位に君臨し続けていた。発売された後もその人気は衰えることなく、発売翌日に同時接続数約33万人を記録。ネットワークによる不具合頻発によって、Steamレビューのステータスは賛否両論にまで落ち込んでいるが、それでもこの週末も同時接続数は30万人を超えており、確かな人気が存在することを感じさせる(SteamCharts)。全世界売り上げ上位では依然として首位に位置しており、配信予定のネットワークの不具合を修正するパッチによって問題が解消されれば、コンソール版と同様に今後も長く売れていくことが予想できるだろう。

『モンスターハンター:ワールド』では、プレイヤーは調査団の一員として新大陸に足を踏み入れたハンターとなり、未知の大陸を探索する。本作では、エリア間の移動や各種アクションをシームレスで行えるほか、ダメージ数値の表示化、クエストへの途中参加など、さまざまな新要素が導入されている。コンソール向けにも引き続きイベントが実施されており、今月17日からはマム・タロトの討伐を目指す特殊クエスト「地母神の豪奢なる宴」や、『デビル メイ クライ』シリーズのダンテの魔剣や衣装が手に入るクエスト「Code:Red」や「太陽が燃え盛る時」が開催中(Steam版はイベントスケジュールが異なるので注意)。今後も多くのプレイヤーに向けてイベントやアップデートが実施されていくだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog