美しすぎる世界の“闇”を探る3Dアドベンチャー『The Sojourn』発表。PS4/Xbox One/Steam向けに発売へ

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

Iceberg InteractiveとShifting Tidesは7月26日、『The Sojourn』を発表した。発売時期は2019年が予定されており、対応プラットフォームはPlayStation 4/Xbox One/Steam。『The Sojourn』の舞台となるのは、光に包まれた美しい世界だ。主人公の生まれ育ったこの世界では、すべてが洗練されており、調律されているように見える。しかしそれは単なる表の姿に過ぎなかった。世界には光に覆われた闇が存在しているのだ。プレイヤーは光によって隠された“現実”に見つけるため、光と闇の世界を行き来し、真実を探すことになる。

本作は、一人称視点で展開される3Dアドベンチャーゲームだ。フィールドに設置されている数々のギミックを解いて先へと進んでいく。トレイラー映像では、光と闇の世界を切り替えたり、指定ポイントに到達しワープするといったギミックが存在することが確認できる。そのほか、足場や光球を使ったパズルなども用意されているようだ。

『The Sojourn』の特徴はなんといっても、Unreal Engine 4で美しく描かれるグラフィックだろう。ファンタジーでありながらフォトリアルなエッセンスを持つビジュアルは、コンセプトアートと見間違うほど。章によって舞台となる場所は異なるといい、屋外だけでなく屋内を探索するシーンもあるようで、さまざまな美しいロケーションを堪能できそうだ。

開発を手がけるイギリスのスタジオShifting Tidesは、革新なビジュアル、心に残るグラフィックを備える作品を生み出すべく本作の制作にあたっており、2年以上アートを中心とした世界観の構築に時間をかけてきたという。本作では、そうしたこだわりが遺憾なく発揮されているだろう。パブリッシングを担当するIceberg Interactiveはこれまでホラーゲームを多く発売してきたが、最近では『Antigraviator』や『Headsnatchers』といったポップな作品をリリースしている。両作と同様に、アートとしてもゲームとしても楽しめる作品に仕上げられることを望みたい。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る