実写サウンドノベル『428 封鎖された渋谷で』国内向けPS4/Steam版は9月6日発売へ。傑作が10年ごしに新たなハードで配信

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スパイク・チュンソフトは本日6月28日、『428 封鎖された渋谷で』のPlayStation 4/Steam版を国内向けに9月6日発売すると発表した。価格はPS4版が税別3800円で、Steam版が税別3960円。

『428 封鎖された渋谷で』は、2008年12月にWii向けにリリースされたサウンドノベルゲームだ。チュンソフトのタイトルとしては、『街』に続くザッピングシステムを搭載したサウンドノベルゲームになっている。プレイヤーは新米刑事の加納慎也や不器用ながら正義感の強い青年の遠藤亜智、製薬会社の研究所所長の大沢賢治など複数のキャラクターを操作し、渋谷で発生した誘拐事件の謎を追っていく。複数のキャラクターの物語が複雑に絡み合い、最終的にひとつの筋へと結びつく巧みなプロットは『街』と同様に健在で、高い評価を獲得した。

翌年2009年にはPS3/PSP版が発売され、さらにはiOS/Android版も配信(こちらは配信終了済み)。数々のプラットフォームに展開してきたが、発売から10周年を節目に、新たなハードにて渋谷での壮大な物語が再び幕を開ける。PS4/Steam版は、基本的な内容はオリジナル版と同じのようで、オリジナル版の隠し要素である、ミステリー作家の我孫子武丸氏と、TYPE-MOON が担当するシナリオも収録される。

Steam版のスクリーンショットはフルHD(1080p)向けに作成してあるので、最新ハードでリリースする上で、いくつかの最適化はおそらくなされているだろう。またSteamストアの表記を見る限りでは、『ARK: Survival Evolved』のPS4版の移植や『ダンガンロンパ』シリーズのSteam版移植に携わったAbstraction Gamesが、今回の移植にも絡んでいるようだ。またPS4/Steam版『428 封鎖された渋谷で』は、今回グローバルタイトルとしてリリースされる。海外ユーザーが、日本の渋谷を舞台にした同作をどのように捉えるのかも、気になるところだ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る