物理演算バトルロイヤルゲーム『Totally Accurate Battlegrounds』Steamにて期間限定で無料配信中。ふにゃふにゃな奴らがぐだぐだに戦う

スウェーデンに拠点を置くインディースタジオLandfall Gamesは6月6日、バトルロイヤルゲーム『Totally Accurate Battlegrounds』をSteamにてリリースした。最初の100時間、つまり日本時間の6月10日午後2時までは無料で提供され、以降は4.99ドルで販売される予定だ。

本作は、ローポリゴングラフィックのFPSバトルロイヤルゲームで、ゲームルールはほぼ『PLAYERUNKNOWN`S BATTLEGROUNDS』(PUBG)と同じといって良いだろう。広大な島に向かって飛ぶトラック(開発元Landfall Gamesが過去に手がけた『Clustertruck』のトラック)から飛び降り、家屋などを漁って武器や装備を調達。行動可能範囲が時間経過と共に狭まるなか、最後の一人になるまで戦うのだ。

本作はもともとエイプリルフール用に企画されたもので、開発者らが『PUBG』のファンだったことからパロディゲームとして制作された。ネットワークまわりの問題の解決に時間がかかり、結局4月1日のリリースには間に合わなかったという。同スタジオはこれまでにも『DayZ』や『SUPERHOT』といった作品と、自ら制作したゲームを組み合わせて、エイプリルフールのジョークとしてリリースしている。今回『PUBG』と組み合わせたのは、現在開発中の『Totally Accurate Battle Simulator』である。同作はさまざまな兵士を物理演算に基づいて戦わせるシミュレーターだが、間の抜けた人形のような兵士の見た目と、気まぐれな物理シミュレーションがプレイヤーの笑いを誘う(関連記事)。こうした要素が『Totally Accurate Battlegrounds』にも取り入れられている。

本作の開発期間はわずか2か月だそうで、今後は『Totally Accurate Battle Simulator』の開発に戻るため、アップデートなどは計画していないという。ただ、サーバーに繋がり難い問題には対処するなど、最低限のメンテナンスは続けていくようだ。ぜひ無料のうちに入手しておこう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog