『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』発売時期が2018年秋に決定。発売の目処がついたと報告

カプコンは本日5月30日、『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』の発売時期が、2018年秋に決定したことを発表した。プロモーションプロデューサーの綾野智章氏が、発売の目処がついたと報告している。

『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』は、昨年12月に発表された、『ストリートファイター』シリーズの初期作品から選りすぐった12タイトルを1本にまとめた移植作品だ。対応プラットフォームはPC(Steam)/PlayStation 4/Xbox One/ニンテンドースイッチ。移植は、『ロックマン クラシックスコレクション』など数多くの移植を手がけているDigital Eclipseが担当する。

スポンサーリンク

『ストリートファイターII’ TURBO』『スーパーストリートファイターIIX』『ストリートファイターZERO3』『ストリートファイターIII サードストライク』の4タイトルがオンライン対戦に対応し、タイトルもオンラインランキングを備える。さらに、オンライン対戦時のレイテンシー(遅延)を抑える「Rewind」と呼ばれる技術が導入されており、ゲーム内メニューにて自身の入力遅延を調整することができるという。

シリーズの30周年を記念したアニバーサリーコレクションであるが、各タイトル自体は海外版であるため、タイトルやボイス、テキストは英語表記。つまり、本作は国内で購入できる英語版だ。国内タイトルでありながら基本仕様が海外版の仕様そのままで発売されるという点に、少なくない落胆の声が寄せられていた。これを受けてカプコンは、今年3月に本作の発売延期を発表(関連記事)。ファンから寄せられた意見や要望にできる限り対応するために、発売時期を未定へと変更した。そして海外版が発売日でもある5月30日(現地時間29日)に、国内版の具体的な発売時期を告知したという流れだ。

綾野氏は今回発売時期のみを発表しており「発売時期以外の新たな情報につきましては、もうしばらくお待ちください。」と報告。現時点では、具体的な変更点などは明かされていない。海外版準拠の仕様に関して、どこまでテコ入れさせているのか気になるところ。いずれにせよ、海外版発売にあわせて国内版『ストリートファイター 30th アニバーサリーコレクション インターナショナル』の発売時期の目処が立ったという報告は、ファンにとっては喜ばしいニュースだと言えるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog