配信差し止めのiOS版Steam LinkアプリについてApple幹部がコメント。「歓迎したいが、ガイドラインを守る必要がある」

Valveは5月18日、「Steam Link」アプリのベータ版をAndroid向けに配信開始した。これはPC上で実行しているSteamのゲームの映像をストリーミングし、同じローカルネットワーク上にあるAndroidスマートフォンやタブレット、Android TV対応テレビ上でゲームをプレイできるアプリだ。当初はiOS向けにも同時期に提供される予定だったが、Valveは5月24日に声明を発表し、App Storeを運営するAppleによりそのリリースが差し止められたとした(関連記事)。そして、この件についてApple側の反応が出てきている。

Valveによると、そもそも「Steam Link」アプリをiOS向けにも配信すると発表していたのは、Appleによる審査を通過していたからだった。しかし、発表後になってAppleは一転、同アプリに「ビジネス上の競合」が発見されたとして、審査ガイドラインに基づいて承認を取り消したという。Valveは、「Steam Link」アプリはLANベースのリモートデスクトップアプリに過ぎず、同様のアプリはApp Storeでも配信されていると訴えたが認められず。iOS版のリリースは不透明のまま現在に至っている。

こうした状況を受けて、Appleワールドワイドマーケティング担当上級副社長のPhilip Schiller氏がコメントを発表している。Appleの幹部のメールアドレスは半ば公にされており、時にユーザーの質問に回答を寄せることで知られている。Schiller氏には、本件に関して複数の問い合わせがあったようで、その回答を海外メディアMac Rumorsなどが報じている。

Schiller氏は、AppleはApp Storeのユーザーに良いゲームを届けることに非常に関心があり、ValveのゲームやサービスをiOSやApple TVに迎えられれば素晴らしいだろうと述べる。ただ、審査に提出された「Steam Link」アプリは、いくつかのガイドライン違反を犯しているとし、例としてユーザー作成コンテンツやアプリ内購入、コンテンツコードなどに関することだと示している。Schiller氏は、App Storeはすべてのユーザーにとって安全な場所にする必要があるため、開発者は誰であれ、明確化されたガイドラインに従ってもらわなければならないとしている。

Moonlight Game Streaming

Valveが言うように、App Storeではリモートデスクトップアプリはほかにも配信されており、「Moonlight Game Streaming」や「Remotr」といったアプリでは、母艦となるPC上のSteamのゲームをストリーミングプレイすることが可能だ。同様の機能を持つ「Steam Link」が具体的にどのようなガイドライン違反を犯していたのか不明であるため、これらのアプリと比較してなにがAppleの判断を分けたのかははっきりしない。ただコミュニティの間では、「Steam Link」を使えばApp Storeを介することなくゲームを購入でき、さらにそのゲームをiOSデバイス上でプレイできる点が問題視されたのではと指摘されている。またSchiller氏が挙げた「ユーザー作成コンテンツ」に関しては、Appleが認めないコンテンツがiOSデバイスにストリーミングされてしまう可能性があるという意味かもしれない。

Schiller氏によると、Appleは「Steam Link」を配信できるようValveと継続して協議をおこなうとのことだ。一方のValveも、Appleがいつか再考してくれることを願うとコメントしており、iOS版「Steam Link」アプリの配信の可能性はまだ消えたわけではなさそうだ。Appleが求めるガイドラインに基づいた修正がアプリにどのように影響するのか気になるところだが、Android版で証明されている快適なストリーミング環境がiOSにも早期にやって来ることを期待したい。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog