ネコまみれオープンワールドARPG『キャットクエスト』の続編が発表。今度は「イヌの王国」が舞台、より大規模な作品に

シンガポールに拠点を置くインディースタジオThe Gentlebrosは5月18日、『Cat Quest II: The Lupus Empire』を発表した。プラットフォームは、Steam/PlayStation 4/Nintendo Switch/iOS/Android。本作は昨年発売された、ネコの世界を舞台とするオープンワールド・アクションRPG『Cat Quest(キャットクエスト)』の続編だ。

前作の『キャットクエスト』は、フェリンガルドと呼ばれる大陸に流れ着いた主人公のネコが、さらわれた妹を助けるべく冒険をおこない、その中で強大なドラゴンを倒すことができる、ドラゴンブラッドと呼ばれる竜騎士にまつわる謎めいたストーリーが描かれた。ゲームは2Dグラフィックの見下ろし型視点で進み、バトルはシンボルエンカウント形式。剣と魔法を武器に、ドッジロールを駆使した立ち回りで動物やモンスターの敵と戦う。メインストーリー以外にも、フェリンガルド大陸の各地に点在する町で請け負えるサブクエストが豊富に用意されている。シンプルで手軽に遊びやすいゲーム性と、カワイイ世界観が評価された作品だ。

今回発表された続編『Cat Quest II: The Lupus Empire』については、まだそのロゴが披露されているだけで、どのような作品になるのかはわからない。ただ、タイトルにある「The Lupus Empire」という言葉は、前作にも何度か登場した「イヌの王国」の名だ。ネコの王国が支配するフェリンガルド大陸とは別の場所に存在するらしく、前作のサブクエストの一つではネコに変装して忍び込んできたイヌの話もあった。続編では、そのイヌの世界が舞台となるという。

開発元The Gentlebrosによると、すでに昨年の時点から別の動物の世界を舞台にすることについては視野にあったそうだ。『キャットクエスト』の世界観には、上述のイヌの王国のほか、北方に暮らすクマ、海賊のネズミといった設定があり、当初はDLCとして検討していた。ただ同スタジオは、『Cat Quest II: The Lupus Empire』は前作よりも遥かに大規模なゲームになるとコメントしているため、DLCではなく新作としてリリースすることにしたのだろう。

*Nintendo Switch版『キャットクエスト』のトレイラー

前作『キャットクエスト』は、Steam版は現時点で96パーセントが好評とする「圧倒的に好評」を得ている。またNintendo Switch版の評判もよく、発売から2週間の売上は、先行して発売されたSteam版とモバイル版を合わせた売上を上回るペースで、日本・北米・欧州いずれの地域も好調だったという(Nintendo Soup)。多くの人に可愛がられたネコは、イヌの世界でどのような冒険をすることになるのだろうか。開発元は『Cat Quest II: The Lupus Empire』のトレイラーを近く公開するとしており、その際にはゲームの詳細も明らかになるはずだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog