1980年代に海外で人気を得た卓上アーケードゲーム機が「Coleco Evolved」として復活。「マクロス」のシューティングゲームを収録

アメリカの玩具メーカーColecoが、卓上アーケードゲーム機「Coleco Evolved Mini Arcades」を発表し、その開発資金を募るKickstarterキャンペーンを実施中だ。既に初期目標金額のおよそ2倍の出資金が集まっている。

Colecoは、1970年代に家庭用ゲーム機市場に参入したメーカーで、ファミコンと同じ時期に発売したコンソール機「Coleco Vision」などが知られている。そして1980年代に発売した、家に持ち帰れるアーケードゲームをコンセプトにした卓上ゲーム機「Tabletop Arcade Games」が人気となる。本体はミニサイズのアーケード筐体といった雰囲気で、『ドンキーコング』や『パックマン』『ギャラクシアン』『フロッガー』『ザクソン』などのバリエーションが、各メーカーからライセンスを受けて製作・販売された。

今回発表されたColeco Evolved Mini Arcadesは、かつての卓上アーケードゲーム機を現代に蘇らせるプロジェクトである。当時と同じデザインのプラスティック筐体を採用しつつ、ゲーム画面を映し出すモニタは蛍光表示管式からフルカラーの液晶モニタに進化。コントロール部分のパーツや、内部のチップセットもより性能の良いものを使用し、リチウムイオンバッテリーを搭載して充電式としている。筐体サイズは横幅が約16cm、奥行きと高さは共に約21cmで、筐体手前にはヘッドフォン出力が新たに設けられている。なお、具体的なイメージは示されていないが、本機を収納する外箱もオリジナルを模したデザインになるという。

対応ゲームは2本発表されており、それぞれ別のデザインの筐体に収録される。まず1本目は『Robotech: The Macross Saga』だ。アニメ「超時空要塞マクロス」のゲーム版で、どうやらゲームボーイアドバンス向けに海外発売された同名作品の移植となるようだ。横スクロール・シューティングゲームとなっており、戦闘機と人型ロボット、そしてその中間の形態へと変形できる特徴的な仕様も再現している。

もう1本は『Rainbow Brite: Journey to Rainbow Land』。「Rainbow Brite」は1980年代のテレビアニメで、日本でも「魔法少女レインボーブライト」としてのちに放送された。こちらのゲームは移植ではなく、オリジナル作品としてColecoが開発しているとのこと。ゲーム内容はというとクラシックなRPGスタイルで、主人公の少女レインボーブライトが白馬スターライトと共に、レインボーランドから色を奪う悪者マーキーとラーキーに立ち向かう。

これらのゲームは、共にColecoのTabletop Arcade Gamesと同じく1980年代に人気を得たアニメが原作ということから、卓上ゲーム機を新たな世代に紹介するためにはピッタリだとして収録が決まったという。もちろん、それぞれ公式にライセンスを取得しているとのことだ。今回のKickstarterキャンペーンについてはこの2タイトルのみとなるようだが、Colecoは今後ラインナップを拡大させる計画なのか、どういったゲームを登場させてほしいのか要望を送ってほしいとしている。

なお、Colecoにまつわるクラウドファンディングといえば「Coleco Chameleon(Retro VGS)」が過去にあった。カートリッジスタイルのコンソールゲーム機として一定の注目を集めたが、イベントにプロトタイプを出展したところ、Atari Jaguar風の筐体にスーパーファミコンの基板を突っ込んだだけではないかという疑惑が持ち上がり、最終的にプロジェクトは立ち消えとなった(Eurogamer)。こうした経緯から今回のKickstarterキャンペーンを不安視する人がいると見てか、ColecoはFAQにて、当時はあくまでライセンスを与えただけで、問題発覚後に提携を解消したことを説明。Coleco Chameleonに携わった人物は、今回のキャンペーンには関わっていないことを明確にしている。

Coleco Evolved Mini ArcadesのKickstarterキャンペーンは、開始からわずか1日で初期目標金額に到達しており、本稿執筆時点で残り24日。55ドル(約6014円)以上の出資で『Robotech: The Macross Saga』か『Rainbow Brite: Journey to Rainbow Land』を入手でき(どちらか選択可能)、50台限定の金色・銀色筐体バージョンも200ドル(約2万1881円)で提供されている。また、サプライズだとして内容は明かされていないが、ストレッチゴールが18万ドルに設定されている。製品の出荷時期は、2018年9月の予定だ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog