海外で圧倒的高評価を獲得した『Celeste』国内Nintendo Switch版配信開始。高難易度と温かい物語が響き合う2Dアクションゲーム

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

カナダに拠点を置くインディースタジオMatt Makes Gamesは5月10日、Nintendo Switch版『Celeste』を国内発売した。ダウンロード専用で、価格は2160円(税込)。本作は山登りをテーマにした2Dアクションゲームだ。国内ではSteam版が今年1月に発売されており、海外ではPlayStation 4/Xbox One向けにもリリースされている。ゲーム内は日本語表示に対応している。

*海外版トレイラー

『Celeste』の主人公はMadeline(マデレン)という名の女の子。彼女はある目的を持って、セレステ・マウンテンと呼ばれる山の頂上を目指して登山を開始する。本作はステージクリア形式のアクションゲームとなっており、山のふもとから頂上まで計8つのステージを進む。ステージ内はダンジョンのような入り組んだ作りになっており、トゲの山などの即死トラップがそこかしこに配置されている。マデレンは通常のジャンプのほか、壁に掴まったりよじ登ったり、また空中でのエアダッシュが可能。こうした能力を駆使してステージを踏破していくのだ。

ステージには廃墟となった街や、謎のホテル、強風が吹き荒れる絶壁など特徴的な環境があり、攻略に利用するギミックもさまざま登場する。各ステージは一瞬のミスが命取りとなる高難易度で、何度も死にながら攻略していくタイプのゲームとなっている。またステージ内では、さらに高難易度のバージョンのステージをアンロックできるアイテムが隠されているほか、クリア後にプレイできるステージもあり、プレイヤーの挑戦心を煽る。一方で、アクションゲームが苦手なプレイヤーのために、ゲームスピードを落としたり無敵にできたりなど、難易度を調整できるアシストモードが用意されている。

ゲームを進める中では、何人かのキャラクターと出会うことになる。それはマデレンに助言をくれる住民であったり、同じくセレステ・マウンテンを登る者、あるいはマデレン自身に関係し、彼女の物語に深く結びついた人物などもいる。本作は、こうしたキャラクターたちとの出会いを通じて描かれるストーリーも大きな魅力となっている。

Nintendo Switch版『Celeste』は、レビュー集積サイトMetacriticにて現時点で『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『スーパーマリオ オデッセイ』に次ぐスコアを獲得しており、Nintendo Switch向けタイトルの中で3番目に高い評価を得ている。今年1月には、開発元Matt Makes Gamesの設立者Matt Thorson氏らが、そんな本作の開発の裏側などについて語っているので、興味のある方はそちらの記事もチェックされたい。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る