プレイヤーの「愛」への考えがゲームに反映されるパズル・アドベンチャー『Solo』Steamにて発売

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スペインに拠点を置くインディースタジオTeam Gothamは4月27日、パズル・アドベンチャーゲーム『Solo』をSteamにて発売した。価格は1520円で、5月4日までは10パーセントオフの1368円で購入可能。本作は小さな孤島を舞台に、プレイヤーそれぞれの「愛」をテーマにした作品だ。

本作の主人公は、とある船乗りである。ゲームを始めると、いくつかの質問に答えるよう求められる。まず「どの性別になりたいか」や「どの性別の人を愛したいか」を問われ、それぞれ「女性・男性・ノンバイナリー(男女どちらでもない)」から選択。そして、キャラクターの見た目を女性・男性・中性的な3種類から選び、最後にもっとも愛する人の名前を入力する。主人公は、プレイヤー自身を反映するアバターとなっているのだ。

主人公のキャラクターを作成すると、自宅がある孤島から別の島へと船で移動し、大きな塔のようなモニュメントがある場所を目指す。これは「Sleeping Totem」と呼ばれる、愛について問いかけてくる存在で、その名の通り最初は眠っているため、まずは島のどこかにある別のモニュメントを起動して目覚めさせる。Sleeping Totemはたいていは島の高い場所にあり、普通に歩いて行くことができない場合がほとんどである。そのため、島にあるギミックを利用して登っていく。序盤はシンプルな木箱が置かれており、持ち上げて運ぶことができる。主人公はその木箱くらいの段差であればよじ登ることができるため、木箱を運んで階段を作り高所へと進んで行くのだ。

Sleeping Totemのもとにたどり着いて話しかけると、たとえば「どのように愛情に触れているか」について訊ねてくる。回答には3つの選択肢が表示され、この場合は「愛する人がいたが、今はいない」「いま、ある人と人生を共有している」「これまで誰とも愛を感じ、共有したことはない」から選ぶ。これに対してSleeping Totemは何を答えてくれるわけでもなく、海中から現れる次の島に向かうよう促す。そこでまた別のSleeping Totemの質問に答え、さらに次の島へと移動するというのが本作の流れとなる。

ゲームを進めるに従って、Sleeping Totemの元にたどり着くための難易度が上がり、ギミックの種類が増えていく。たとえば上方に風が吹き出す木箱が登場し、道中で入手するパラシュートをこの上で使用すれば一定の高さまで浮き上がり、高所に登ったり、滑空してギャップを超えたりできる。木箱は、このほかにもさまざまな種類があるようだ。そのほか、離れた場所にある木箱を任意の場所にワープさせることができるアイテムも入手する。それぞれの島はそれほど大きくはないものの、Sleeping Totemにたどり着くための解法は一つとは限らず、どこでどのギミックを組み合わせて道を切り拓くのかはプレイヤーのヒラメキにかかっている。

別の島に渡ってSleeping Totemに出会うたびに、たとえば「同時に複数の人を愛せるか」や「時間は愛する人との関係を壊してしまうか」など、さまざまな質問がプレイヤーに投げかけられる。回答はいずれも三択で、おおむね肯定・否定・条件付き肯定あるいは否定となっている。ゲーム序盤では、一人のゴーストのようなキャラクターが現れる。それは主人公がかつて愛した人かもしれないし、今現在のパートナー、あるいは将来出会うことになる恋人かもしれない。島のさまざまな場所に現れるゴーストは、主人公との関係について独り言のように話し、その言葉はプレイヤーが選択した質問への回答によって変化する。また、島の中で入手できる誰かからの手紙の内容も、選んだ回答が影響を及ぼす。

この『Solo』は、攻略しがいのあるパズルアクションをおこなうゲームらしい要素を備える一方で、質問と回答によりプレイヤー自身の考えがさまざまな形でゲームに反映される作りとなっており、愛について想いを巡らせる作品という側面も強い。ローポリゴンで表現されたカラフルで美しい島々には、さまざまなカワイイ動物たちが暮らしており、撫でたりエサをあげたり、あるいはギターを弾いて楽しませたり、一緒にカメラで自撮りしたりといったこともできる。本作は、人によっては辛い記憶を呼び起こしてしまうかもしれないが、全体的なトーンは、ゆったりとした音楽が流れるなか、癒しに包まれた優しい作品だといえそうだ。

なお本作は予算の関係上、現在は英語・スペイン語・簡体字中国語のみの対応となっているが、開発元Team Gothamの将来的には対応言語を増やしていきたいとしている。ゲームを楽しむうえでは、質問やその回答の選択肢などの内容を理解することが重要となるため、いつか日本語にも対応することを期待したい。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る