『世界樹の迷宮X(クロス) 』発表、2018年8月2日発売へ。歴代シリーズのキャラやシステムがクロスオーバーする最新作

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

アトラスは本日4月10日、『世界樹の迷宮X(クロス)』を発表した。発売日は2018年8月2日で、価格は税別6480円。先日ニンテンドー3DS向けに発売されることが発表されていたが、あらためてそのタイトルと詳細が発表された。『世界樹の迷宮X(クロス)』というタイトルにもあるように、これまでのシリーズ作品をクロスオーバーさせるというのが本作のテーマのようだ。ディレクターは小森成雄氏でキャラクターデザインは日向悠二氏、コンポーザーは古代祐三氏、モンスターデザインは長澤真氏が名を連ねており、シリーズのおなじみの面々により制作されるようだ。

舞台となるのは絶海の孤島レムリア。飛行都市マギニアに冒険者が集い、このレムリアの探索を進めていく。職業は過去作から選ばれたものに加えて新職業「ヒーロー」を加えた19種類。システムに関してもシリーズ作品をクロスさせているようで、豊富なキャラメイクやサブクラスの組み合わせ、フォースブースト/フォースブレイクなどが登場する。

プロモーション映像では、これまでシリーズに登場してきたキャラクターの面々が確認できる。ウィラフやシリカなど懐かしい顔ぶれも登場するようだ。こうしたキャラは今までNPCであったが、「僕も連れて行ってくれる?」とシリカが話していることもあり、冒険者として加わる可能性もあるだろう。同じくトレイラーでは、ワールドマップらしき画面が映し出されているが、各エリアを選び移動していくのだろうか。

画像は動画をキャプチャしたもの

『世界樹の迷宮』シリーズは、アトラスが開発・発売するダンジョンRPGだ。プレイヤーは街にてパーティーを結成し、世界樹の頂上(最下層)を目指してダンジョンを探索していく。主観視点で進んでいく3Dダンジョンは、マップによる情報が存在していない。地図を作るのはプレイヤー自身となる。罠が多く設置され、FOEと呼ばれる生物が徘徊する危険だらけのダンジョンを、慎重に歩くことで着々と地図を完成させていく。探索中には採取や敵の素材が手に入る。街に持ち帰り売ることで装備を強化していく。ダンジョンと街の往復を繰り返し、少しずつ世界樹の頂上(もしくは最下層)へと近づいていくのだ。

『世界樹の迷宮』は2007年にニンテンドーDSで発売され、幅広いキャラメイクや、豊富な職業やスキルツリーによる自由なパーティー編成、2画面を使い自らマッピングしていくという、3DダンジョンRPGを現代向けに改めてリファインしたゲームデザインが好評を博した。それ以降ナンバリングだけでなくリメイクや外伝作も多く作られ、アトラスの看板シリーズへと成長している。『世界樹の迷宮X(クロス)』はシリーズ最新作であり、ニンテンドー3DS最後の作品として発売されるとのことだ。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog