任天堂の旧ハードWiiの「似顔絵チャンネル」BGMに合わせて踊るダンスが、なぜかこのタイミングで海外Instagramにて流行中

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

任天堂の旧ハードとなるWiiでは、ゲームだけでなくさまざまなチャンネルと呼ばれるをダウンロード(一部は初期より搭載)することで、多くのチャンネルを楽しめるという特色があった。その中でも、自分のアバターとなるMiiを作成する「似顔絵チャンネル」が存在する。その「似顔絵チャンネル」の音楽に合わせてダンスをするという企画が、なぜか今海外のInstagramにて流行し始めているようだ。その詳細をPolygonが報じている。

#thewiichallengeとタグ付けられたこのアクティビティの火付け役となったのは、プロダンサーのKida the Great氏とJabari Timmons氏。彼らは4月3日に、「どんなものでもダンスできる」とタグ付けしダンスを投稿。「似顔絵チャンネル」の音楽に合わせて、巧みなダンスを披露している。このダンスが魅力的であったのか、「似顔絵チャンネル」の音楽に合わせて踊る動画の投稿がInstagramにて激増。#thewiichallengeタグを見れば多くのダンスが確認されるようになった。Wiiチャレンジという名前であるが、ほとんどの投稿者が「似顔絵チャンネル」の音楽でダンスを踊っている。

実は「似顔絵チャンネル」に合わせて踊るという試みを始めたのは、Kida the Great氏とJabari Timmons氏が初めてではない。昨年9月にLong Neck LadiesというYouTuberグループが「Wii Song Remix Dance」と題して、同様に「似顔絵チャンネル」をテーマとしたダンスを披露していた。頭にマネキンを付けたダンサーが踊るという、妙な中毒性もあってか450万回以上が再生される人気動画に。さらにそれ以前より動画が投稿されていた形跡もある。とにかく「似顔絵チャンネル」音楽はもとよりやたらと海外にて人気のあるBGMなのだ。

「Wii似顔絵チャンネル」のBGMは、『どうぶつの森』シリーズのサウンドを手がける戸高一生氏が作曲を担当している。ゆるさを感じさせながらも何度も聞いてみたくなる心地良い音楽は、戸高氏の才能が遺憾なく発揮された一曲だろう。「Wii似顔絵チャンネル」のBGMは、のちに光田康典氏によりアレンジされ『大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U』にも追加コンテンツとして登場している。似顔絵チャンネルだけでなく、ほかのWiiチャンネルのBGMも単なるメニュー画面のサウンドに終わっておらず、国内外で高い人気を誇っている。なお、「似顔絵チャンネル」を含めた数々のBGMは「Touch! Generations サウンドトラック」にて楽しめる(クラブニンテンドー会員特典)。

今回ふたたび流行となったのには、先月「Wiiショッピングチャンネル」のポイント追加(チャージ)が終了となり、話題にのぼったことと関係があるのかもしれない。すでにWiiの生産終了が発表されてから4年以上が経つ。その次の世代を担ったWii Uも生産終了し、現在はニンテンドースイッチが販売中。市場から姿を消して長らく時は経つが、Wiiが持っていたコンパクトながら工夫に凝らされた数々の要素は、未だユーザーを惹きつけるのだろう。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog