PlayStation VR最新モデルが1万円の値下げ、3月29日より国内向けに税別34,980円にて販売へ

ソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)は、2018年3月29日よりPlayStation 4用バーチャルリアリティシステム「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」の価格を全世界にて改定すると発表した。国内向けには税別44,980円から税別34,980円に値下げされる。北米では従来の399USドルから299USドルに、欧州では従来の399ユーロから299ユーロにそれぞれ改定される。

「PlayStation VR PlayStation Camera同梱版」は、昨年10月に発表された、VRヘッドセットおよびモーションコントローラー「PlayStation Move」のトラッキングに必要な「PlayStation Camera」とセットにした最新モデル。昨年10月に約5000円の値下げとともにモデルチェンジがおこなわれたが、今回その価格が1万円引き下げされ、さらにお安く購入できることになる。

PlayStation VRは、2016年10月の発売以来、専用または対応ソフトウェアタイトルが約300本発売されたほか、今後も『実況パワフルプロ野球2018』『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS』『ねこあつめ VR』『ONE PIECE GRAND CRUISE』『Blood & Truth』、『Bravo Team(ブラボー・チーム)』、『Firewall Zero Hour』が発売予定。昨年8月にはSIEマーケティング担当幹部のAsad Qizilbash氏が、今後もPSVR向けに良質なゲームを今後発売していくと語っていた(関連記事)。タイトルの充実もさることながら、本体価格に引き下げによってさらにPlayStation VRが普及していくことが期待されるだろう。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog