愛を探し求めて美しい島々を旅するパズルADV『Solo』Steamで4月26日に発売へ。プレイヤーそれぞれの愛の形に応じて物語が変化

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

スペインに拠点を置くインディースタジオTeam Gothamは3月5日、パズル・アドベンチャーゲーム『Solo』をSteamで4月26日に発売すると発表した。本作は、美しい島々でパズルを解きながら「愛」を探し求める作品だという。

『Solo』の主人公は、愛を探し求めるとある船乗りである。ゲームを始めると、プレイヤーはその船乗りの性別と、愛したい相手の性別を設定。するとゲームは、プレイヤーに「どのように愛情に触れているか」を訊ねてくる。選択肢は「これまで誰に対しても愛を感じたことはない」「いま、ある人と人生を共有している」「愛する人がいたが、今はいない」の3つだ。このいずれかを選ぶことによって、ゲーム内のコンテンツや物語が調整される。たとえば、ゲーム内では手紙を入手することができ、その書き手は上の選択肢順で「将来のパートナー」「現在のパートナー」「かつてのパートナー」に変化する。

ゲームではプレイヤーは船に乗り、自然溢れる小さな島々を訪れる。それぞれの島には「Sleeping Totem」と呼ばれる、愛や人との関わりについて話してくれるモニュメントがあるという。しかし、そのSleeping Totemには簡単にはたどり着けない。ブロックを動かしたり、吹き出す風に乗って飛んだりと、パズルを解きながらSleeping Totemまでの道を切り拓くのだ。ブロックにはほかに水が出るものや、磁石になっているもの、展開して橋になるものなどさまざまな種類がある。パズルの答えは一つだけではなく、工夫次第で幾通りものルートを構築できるという。そしてSleeping Totemのもとへ行き、眠りから起こして語りかけるのだ。

島々には不思議な動物たちが暮らしている。特に危険はないようで、撫でたり餌をあげたり、一緒に自撮りしたり、あるいはギターを弾いて聞かせたりできる。こうしてゆったりとした時間を過ごすことも、本作の楽しみの一つとなっているのだ。また島の中では、人間のキャラクターの「ゴースト」に出会うこともある。最初の質問の回答によってどのようなゴーストが現れるかが変化し、パズルの解放を導いてくれることもあれば、木に生っている実を取って欲しそうにしていたり、あるいは一目見ると逃げ出してしまう場合もあるという。主人公のパートナーを表現しているのだろうか、ゴーストとどう関わるのかも本作にとってカギとなりそうだ。

キュートでカラフルなグラフィックスタイルが目を引くこの『Solo』は、本格的なパズルゲームでありつつ、愛をテーマにプレイヤーそれぞれに応じた体験を作り出そうとしているようだ。本作はFigでのクラウドファンディングを成功させて開発が続けられており、ナラティブ・デザイナーとして『The Red Strings Club』や『Gods Will Be Watching』を手がけたJordi de Paco氏とコラボレーションしているという。現時点では対応言語に日本語は含まれていないが、開発元Team Gothamは将来的にはさらなる言語をサポートさせていきたいとしている。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る