Steamのゲームが遊べる携帯型ハード「SMACH Z」にはRyzenが搭載へ。大幅性能アップで「GPD WIN 2」に対抗か

Steamのゲームが遊べる携帯型ハード「SMACH Z」の開発チームは、あらたなトレイラーを公開した。今回公開されたトレイラーは、「SMACH Z」にAMDのプロセッサであるRyzenを搭載することを公表するものだ。すでにバッカー向けには同情報は公開されていたが、このたびは一般向けにも公表している。

「SMACH Z」は「Steam Boy」という名前でも知られる、Steamのゲームを遊べる携帯型ハードを目指して作られている非公式の製品だ。すでに幾度ものKickstarterキャンペーンを展開しており100万ドル(1億円)以上の集金に成功しているが、発売延期を繰り返している。昨年モジュールメーカーRhomb.ioとの契約破断により発売が先延ばしとなっていたが(関連記事)、これを機にRyzenベースのSoC(いわゆる一体型プロセッサ)を搭載することを決めたようだ。

「SMACH Z」は昨年時点ではSoCとしてAMD RX421を搭載することを発表していたが、前述したように搭載を頓挫。そして今回搭載されることが発表されたのはRyzen Embedded V1605B。このSoCにVega 8グラフィックが載ることになる。前モデルが2016年初頭に発売されたプロセッサであることに対し、Ryzen Embedded V1605Bはつい最近発表された最新モデル。懸念とされている性能が大きく引き上げられた形だ。

公表された動作タイトルのサンプルは以下のとおり:

The Witcher 3 (720p 設定:ミディアム) ~ 40 fps
Alien: Isolation (1080p 設定:ロー) ~ 50 fps
GTA V(720p 設定:ノーマル) ~ 60 fps
League of Legends (1080p 設定:ハイ) ~ 60 fps
ロケットリーグ(1080p 設定:ノーマル) ~ 60 fps
DARK SOULS III (720p 設定:ロー) ~ 40 fps

このパワーアップは、おそらくであるが「GPD WIN 2」の存在が絡んでいると考えられるだろう(関連記事)。「GPD WIN 2」は中国GPD社が開発する小型ノートPC「GPD WIN」の後継機となる。CPUにはIntel Core m3-7Y30、GPUにはIntel HD Graphics 615が搭載されており、『GTAV』は40fps程度、『Overwatch』では80fps程度で動作すると報告されている。「SMACH Z」は、以前のプロセッサでは『Overwatch』を720pの30fpsで動かすのがやっと。以前の性能では「GPD WIN 2」には太刀打ちすることは難しかった。そして今回のアップグレードにより、数年前のAAAタイトルならば、720pで快適に動かせるところまで性能を向上させてきた。単純な性能比較はできないものの、「GPD WIN 2」に勝るとも劣らないスペックになることが予定されている。

今回のRyzen搭載にあわせて、3月15日より公式サイトにて「SMACH Z」の予約が開始されることも告知されている。価格は通常版が699ドルで、電話機能の搭載やOS機能の拡張、ストレージとメモリのスペックアップがはかられるProバージョンは899ドル。先着1万名まではこれを10%オフで購入できる。「GPD WIN 2」の定価は899ドルであるものの、現在Indiegogoにて649ドルで購入できる。「SMACH Z」はIndiegogoでは499ドルで販売されており、「GPD WIN 2」よりは安く購入できる印象だ。

決定的な違いは、製品化の段階にあるだろう。「SMACH Z」は現在ハードウェアの展示会などに出展されているが、依然としてプロトタイプに毛が生えたもしくはアルファの段階であることは否めない。一方で「GPD WIN 2」は2018年5月の出荷が予定されている。「GPD WIN」の実績を考えると、ここから大きく後ろにずれ込むことは考えづらい。つまり、現在「SMACH Z」はあくまで「GPD WIN 2」を上回るコンセプトを提示した段階に留まっている。商品化されるかという根本的な問題における決定的な差は埋まっていない。

すでにプロセッサ変更は2度発表されているほか、とにかく延期を繰り返している「SMACH Z」。Indiegogoでは出荷時期を2018年5月としているが、これまでの延期を考えると眉唾な情報だろう。Kickstarterでは249ドルで同製品を販売しており、そうした出資者向けに699ドルの製品を出荷できるのかという点も懸念されている。野心を膨らませ続ける「SMACH Z」の、期待と不安を取り巻く状況はこれからも続きそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog