ぐにゃぐにゃ物理演算アクション『ヒューマン フォール フラット』売上が200万本を突破。バンドル入りから一転、オンラインCOOP実装で大躍進

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る

インディースタジオNo Brake Gamesは、『Human: Fall Flat(ヒューマン フォール フラット)』の売り上げが200万本を突破したことを発表した。この売り上げはPC・コンソール版を含めての数字だという。『Human: Fall Flat』はPC版が2016年7月に発売された3Dアクションゲームだ。ぐにゃぐにゃとした粘土のようなキャラクターを操作し、ステージのクリアを目指す。ステージ上のさまざまなものをつかみ壊すことができる自由度や、物理演算が導入されていることにより思わぬ事故が多発するアクシデント性が好評を博していた。

しかしこれまでの『Human: Fall Flat』の道のりは今ほど順調とは言えなかった。ゲームの評価自体は高かったものの、シングルもしくはローカルプレイ専用ということもあり、その楽しさをシェアする手段が限定されていた。昨年9月には「Humble Jumbo Bundle 9」の1ドル枠にて入っており、安売りされることも少なくなかった。しかし10月末にSteam版にオンラインCOOPモードが実装されたことにより、状況は一変。TwitchやYouTubeにて楽しげな動画が多数アップされ、ウィンターセールのタイミングも相まって売り上げを大きく伸ばす。今確認できる範囲でも、昨年末に100万本以上を売り上げたことが確認できる。今や値引きされずとも売れ続ける作品となった(詳細記事)。

もちろん、売り上げの好調さにはコンソール版の影響も少なからずあるだろう。同作はPlayStation 4/Xbox One向けに販売されているほか、昨年にはニンテンドースイッチ版も発売。国内向けにはTeyon Japanから同ニンテンドースイッチ版が日本語対応で発売されている。こちらはオンラインCOOPに対応していないものの、2月16日付けのニンテンドーeショップのダウンロードランキングの5位にランクインしており、好調さがうかがえる。ただやはり、200万本の多くは昨年末からのPC版のブーストによるところが大きいだろう。

No Brake Gamesの設立者であるTomas Sakalauskas氏は「個人開発から始めたゲームを、何百万人のプレイヤーが遊んでいると考えるとすばらしいよ。僕らはいつもユーザーの声を聞きつつ、自分のアイディアとうまく融合させてきた。」と喜びの声をあげている。Sakalauskas氏は、発売後から「隣にいる友人と遊んでほしい」とオンラインCOOPの実装を断ってきただけに、ユーザーの声を聞き入れたことでヒットタイトルへと成長したことは、氏にとっても格別だろう。

『Human: Fall Flat』はSteam旧正月セールの対象となっており、定価の半額の740円で購入できる。日本語には対応していないものの、ゲーム内にテキストがほとんどでてこないのでプレイに差し支えないだろう。今Steamにてホットな作品のひとつを購入し、遊んでみるのもいいかもしれない。

Pocket
reddit にシェア
LINEで送る