車サッカーゲーム『ロケットリーグ』ニンテンドースイッチ版が11月14日に国内発売へ。PC/Xbox One版とのクロスプレイに対応

Psyonixは10月30日、『Rocket League(ロケットリーグ)』のNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)版を11月14日に発売すると発表した。気になる日本版について、任天堂公式サイトではまだ「今冬配信予定」のままだが弊誌がPsyonixの広報担当者に確認したところ、日本でも同じく11月14日に発売するとの回答をいただいた。ダウンロード専用で、価格は2000円(税別)の予定だ。

本作は、ロケットカーと呼ばれる車でサッカーをするスポーツアクションゲームだ。シングルプレイはもちろん、最大4対4でのマルチプレイにも対応し、さまざまなゲームルールでチーム対戦が楽しめる。ロケットカーは外観のカスタマイズが可能で、カラーリングやホイールの種類、またブースト時のエフェクトやゴール時の演出なども変更できる。これまでにPC/PS4/Xbox One向けに発売され、合わせて1000万本以上を売り上げている大ヒット作だ。「Rocket League Championship」としてeSportsの舞台でも存在感を示している。

ニンテンドースイッチ版はゲーム内容は他機種版と同じものとなるが、独占コンテンツとしてマリオをイメージした「Mario NSR」とルイージをイメージした「Luigi NSR」、サムスをイメージした「Samus’ Gunship」の3種類のロケットカーが無料で提供されるほか、カスタマイズアイテムにもマリオの帽子などオリジナルのものが用意される。そして、オンラインマルチプレイではPC版とXbox One版のプレイヤーと一緒にプレイできるクロスプラットフォームプレイに対応することも大きな特徴となる。ニンテンドースイッチ本体は売れ行きが非常に好調であることが伝えられており、『ロケットリーグ』のコミュニティもその勢いに乗ってさらに拡大していきそうだ。

ニュース

Indie Pick

インタビュー

レビュー・インプレ

Devlog